このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第28回

縦長・二つ折りに異議あり!理想の財布は「エンリーベグリン」のカード財布

2008年11月12日 16時54分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 表面と背面の革は異なる色、素材のコンビネーションで提供され、筆者が購入する時には3種類のバリエーションがあった。エンリーベグリンの特徴は、機械裁断ではなく手作業で裁断したかのような革素材。そしてシステム化された工業ミシンではなく、一個一個手作業で職人が縫ったようなクラフトマンワークだ。

2つ折りにしても10枚くらいの紙幣なら、厚さもそれほど違和感は感じない

刺繍されたオミノがエンリーベグリンのブランドマークだ

一般的な長財布以外では、なかなか理想の財布は見つからない

 実測132mm(W)x102mm(H)のカード財布は、あらゆるポケットにフィットし快適だ。基本的に小銭入れを持たない筆者に取って、今時点でのベストバイ財布はエンリーベグリンのカード財布だ。

 しばらくは衝動買いの気分は起こらないだろう……と自分を信じたい。



今回の衝動買い

アイテム:エンリーベグリン カードケース
購入価格:3万9900円(新宿 伊勢丹 紳士館1階)

T教授

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ