このページの本文へ

Adobe CS4日本語版、12月発売へ (2/3)

2008年11月11日 13時15分更新

文●小橋川誠己/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「Fireworks CS4」――プロトタイプ制作ツールの位置づけをより明確に

 旧マクロメディア製品とアドビ製品の統合以降、FireworksはPhotoshopやIllustratorとの住み分けを進め、Webページ制作の実作業に入る前の「プロトタイプ制作ツール」としての位置づけを強めている。CS4でもその方向性をさらに明確にする機能が搭載された。

Adobe CS4

PDFの書き出しに対応。PDFならプロトタイプに対してコメントをつけたり、スムーズなチェックが進められる


Adobe CS4

自動的にピクセル数を書き込んでくれる機能も搭載され便利に

 1つは、Fireworksで作ったプロトタイプをクライアントや他の制作メンバーと共有される際に便利な「PDF書き出し機能」だ。PDFにはFireworksのページ機能を使ってリンクを設定できるので、たとえば「トップページ」→「個別ページ」といった具合に、実際のサイト構造に則った形で確認が進められる。

 もう1つは、プロトタイプデザイン後の制作実作業でうれしい、CSSサポートの強化だ。Fireworksには以前からHTMLを出力する機能があったが、最近では一般的なCSSレイアウトに対応しておらず、実際はそのままでは使えないケースも多かった。Fireworks CS4では構造化されたXHTML+CSSファイルを出力できるようになり、マークアップのベースにもFireworksが使えるようになった(ちなみに、従来からのテーブルレイアウトのファイルも書き出せる)。

 細かいところでも、ガイドラインに自動的にピクセル数を表示してくれたり、他のオブジェクトとレイアウトを揃えるスマートガイドが使えるようになったりと、よりかゆいところに手が届くツールに仕上がっている。


「Flash CS4 Professional」――初心者にやさしく、新たな表現にも対応

 Flash CS4は、「オブジェクトベースのアニメーション」機能によってアニメーション作成の方法がより手軽になり、Flash初心者にもとっつきやすくなった。オブジェクトをドラッグ&ドロップして簡単に動きをつけられるほか、メニューからあらかじめ用意されたアニメーションパターンを選ぶだけで動きをつけられる「モーションプリセット」も用意された。

Adobe CS4

オブジェクトベースのアニメーション機能。初心者でもFlashアニメーションを手軽に作れるになったに

 新たな表現の幅を広げる新機能もある。Flash Player 10で搭載された3D効果(擬似3D表現)をマウス操作で簡単に適用できる機能や、「ボーンツール」と呼ばれる関節のような動きを設定できる機能が搭載された。

関節のようなアニメーションを作れる「ボーンツール」


PhotoshopやIllustratorもパワーアップ

 Web制作者も利用する機会が多いデザインツール「Photoshop CS4」「Illustrator CS4」もパワーアップした。Photoshop CS4の新機能のうち、Web関連で重宝しそうなのは、「コンテンツに応じた画像の拡大・縮小」機能だ。画像の一部、特定部分の縦横比を維持しながら、全体の比率を変更した拡大/縮小ができる。

 Illustrator CS4では、複数のアートボードを作成できるようになった。“ページ”ではなくあくまでも“アートボード”なので、さまざまなサイズのアートボードを1つのファイルに混在させられる。たとえば印刷用のポスターから同じ絵素材を流用したWeb用のバナーまで、1つのファイルにまとめられる。

(次ページ:気になる価格は?)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く