• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

「レッスルエンジェルス サバイバー2」、秋葉原で壊滅!

2008年11月06日 21時30分更新

文● 伊藤 真広

ツンデレなルイズを取り戻せ!

 9月にテレビアニメ第3期の放送が終了した「ゼロの使い魔」だが、ゲーム第3弾「ゼロの使い魔 迷子の終止符と幾千の交響曲」が発売を迎えた。

「ゼロの使い魔 迷子の終止符と幾千の交響曲」の限定版には、ツンデレ脳トレゲームとツンデレSTG「ゼロの使い魔 ファンタジーフォース 2nd Impact」の2本のゲームが収録されている

 同作品の魅力といえば、釘宮理恵の演じるルイズのツンデレっぷりなのだが、この「ゼロの使い魔 迷子の終止符と幾千の交響曲」は、ルイズは心を失ってしまい、内気な女の子になってしまっている。プレイヤーは、失われたルイズの心を取り戻すために、舞台となる図書館に所蔵されている数多くの本の世界に飛び込むというものだ。

AKIHABARAゲーマーズ本店の店頭では、RPG服のルイズと通常服のティファニアが胸の大きさを微妙に表現したポップでアピール!

 プレイヤーたちは、飛び込んだ本にあわせて、衣装がチェンジし、RPG風の衣装やドレス姿、水着姿などといったキャラクターの姿を見ることができるのだ。
 ショップの反応は「やはり予約が中心ですね」といった声のほか「限定版ばかりが出るかと思ったのですが、通常版を購入していく人も結構います。ライトノベル原作だからですかね」といったコメントも聞かれた。

特典テレカはソフマップ(左上)、メッセサンオー(右上)、ゲーマーズ(左下)の3店舗で用意されており、メッセサンオーとゲーマーズの2店舗の絵柄はギリギリ感溢れるイラストだ

(次ページへ続く)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう