このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

次世代Windowsの姿が見えた! 第5回

Windows 7のUIは「マルチタッチ」が標準装備に

2008年10月30日 09時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ショッピングからCADまで、
マルチタッチの応用拡大に注力するマイクロソフト

 興味深いのは、Windows 7のマルチタッチ機能を使ったアプリケーションを開発している例として登場したのが、「Tesco」というスーパーマーケットチェーンであるところだ。Tescoは英国を中心として、世界中に拠点を持っている。

スーパーマーケットチェーンの「Tesco」が開発したマルチタッチ対応アプリケーションが披露

2日目の基調講演では、スーパーマーケットチェーンの「Tesco」が開発したマルチタッチ対応アプリケーションが披露された

 今回デモで披露されたアプリケーションでは、マルチタッチの機能を十分に活かしている。例えば表示された商品を、画面にある会員カード上に指で運ぶだけで購入できる。また商品の写真を見るときも、指で自由な角度に回して、商品を確認することが可能だ。

 面白かったのは、特定の商品を購入したいときには、ウェブカメラに向かって商品についているバーコードを読み取らせると、自動的にその商品をアプリケーションが把握できるところだ。ユーザーはナビゲーションで戸惑うことなく、決まった商品をすぐに買える。

マルチタッチ版のオンラインショッピングソフト

Tescoが作ったマルチタッチ版のオンラインショッピングソフト。表示されている商品のカードを、指で中央にある会員カードにドロップするだけで購入できる

 Tescoのアプリケーションはネットからさまざまなデータを取り込んでくる。ある意味では、マイクロソフトが進めている「Software+Services」の典型例と言える。

 今回のPDCでは、マルチタッチのデモの多くで米ヒューレット・パッカード社の「TouchSmart PC」(関連記事)が使用されていた。マイクロソフトは多くのパソコンメーカーがタッチ機能を持つパソコンを販売してくれるよう、積極的にプロモーションをしている。開発者に対しても、マルチタッチ機能をサポートしたアプリケーションを開発してもらえるようにAPIを提供したり、.Net Frameworkからマルチタッチ機能が扱えるようにしている。

「AutoCAD」などが、マルチタッチを3Dモデリングソフトに応用している

マルチタッチ機能のビジネス分野での応用は、米オートデスク社の「AutoCAD」などが、3Dモデリングソフトに応用している。3Dモデルのトカゲにタッチして、粘土で作ったモデルを扱うように、指で腕を太くするなど、デザイナーが直感的に操作できる

 マルチタッチ機能はパソコンの新しい形を生み出す可能性がある。しかしそれも、どれだけマルチタッチ機能をサポートしたアプリケーションが登場して、エンドユーザーが便利と思えるものになるかが鍵となるだろう。市販されるデスクトップパソコン用の液晶ディスプレーやノートパソコンのほとんどに、タッチセンサーが搭載されるくらいになれば、マルチタッチを使ったアプリケーションも増えてくるだろう。しかし、タッチセンサー付きパソコンが一般的という状況にならないと、タブレットPCの二の舞になりかねない。当面は、Windows 7で機能を投入してみて、市場の反応を見ようという段階だろう。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン