このページの本文へ

次世代Windowsの姿が見えた! 第3回

豊富な画面で見る「Windows 7」はここが変わった!

2008年10月29日 09時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

UIの新機能「ジャンプリスト」

最近再生した曲や実行したタスクが「ジャンプリスト」に表示される

タスクバー上のWindows Media Playerアイコンにカーソルを合わせると、最近再生した曲や実行したタスクが「ジャンプリスト」に表示される

 Windows 7のユーザーインターフェース(UI)では「ジャンプリスト」という機能が多用されている。例えばタスクバーのクイック起動として登録したWindows Media Playerのアイコンにカーソルを合わせると、今まで再生した音楽やビデオのリストが表示される。ここからファイルを選択するだけで、簡単に目当てのファイルを開ける。

 ジャンプリストはWindows Media Playerだけでなく、クイック起動に登録したアプリケーションすべてで使える。

今まで開いたフォルダやアプリケーションがジャンプリストとして表示される

スタートボタンにカーソルを合わせると、今まで開いたフォルダやアプリケーションがジャンプリストとして表示される

 ジャンプリスト風のUIは様々な部分で使われている。例えば、通知領域にある「無線LAN」アイコンにカーソルを合わせるだけで、周囲にあるアクセスポイントの情報がジャンプリスト風に表示されるという具合だ。

通知領域の無線LANアイコンにカーソルを当てると……

通知領域の無線LANアイコンにカーソルを当てると、周辺のアクセスポイントが一覧される


「デスクトップの表示」が半透明に

「デスクトップの表示」の仕方も変わった。画面左の状態で、タスクバー右端の縦長ボタンを押すと、画面右のように各ウインドウがほぼ透明化されて、デスクトップが見える

 Vistaにはクイック起動に「デスクトップの表示」というアイコンがあった。Windows 7では、通知領域の一番右に同じような機能を持つ半透明のボタンが用意されている。

 「デスクトップの表示」では、各ウインドウを閉じてデスクトップを表示したが、Windows 7ではAeroの機能を活かし、各ウインドウを半透明にしてデスクトップを見せるようになった。ただし、デスクトップに貼ったガジェットは半透明にならず、そのままデスクトップ上に表示される。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン