このページの本文へ

3R SYSTEM「iCEAGE」「iCE AGE G-1000」

ヒートパイプ直冷式のCPU/VGAクーラーが計4モデル登場!

2008年10月22日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3R SYSTEMからヒートパイプを直接CPUに接触させて冷却させるCPUクーラー「iCEAGE」シリーズが3モデル、同時にGPU直冷式のVGAクーラー「iCE AGE G-1000」が発売となった。販売しているのはドスパラ秋葉原本店だ。

「iCEAGE」シリーズ 3R SYSTEMからヒートパイプを直接CPUに接触させて冷却させるCPUクーラー「iCEAGE」シリーズが3モデル発売となった

直冷式のCPUクーラーが3モデル

 「iCEAGE」シリーズは、アルミ製ヒートシンクと銅製ヒートパイプを組み合わせたサイドフロータイプのCPU直冷方式CPUクーラー。「iCEAGE 80 PRIMA mini」は、サイズ84(W)×102(D)×105(H)mmのヒートシンクに80mm角ファン(約1800rpm)を組み合わせたモデル。ヒートパイプは太めの8mm径を3本採用する。価格は2680円。

「iCEAGE 80 PRIMA mini」 製品
「iCEAGE 80 PRIMA mini」は、サイズ84(W)×102(D)×105(H)mmのヒートシンクに80mm角ファン(約1800rpm)を組み合わせたモデル
「iCEAGE 80 PRIMA mini」 製品
ヒートパイプは太めの8mm径を3本採用。コア接触部分がダイレクトとなる「ダイレクトタッチヒートパイプ」仕様となる

 「iCEAGE 120 PRIMA」は、サイズ100(W)×125(D)×154(H)のヒートシンクに120mm角ファン(約1000rpm~2200rpm/19~32dB)を組み合わせたモデル。ヒートパイプは6mm径を4本採用。ヒートパイプは太めの8mm径を3本採用。付属品に背面ブラケット固定タイプのファンコンが付く。価格は3980円。
 最上位モデルとなる「iCEAGE 120 PRIMA BOSS」は、「iCEAGE 120 PRIMA」からヒートパイプが8mm径4本となったもの。その他のスペックは同じである。価格は4980円だ。

2モデル 製品
「iCEAGE 120 PRIMA」(左)と最上位モデルとなる「iCEAGE 120 PRIMA BOSS」(右)。ヒートパイプが6mmか8mm径かが主な違いだ
ヒートシンク ファン
ヒートシンクに120mm角ファン(約1000rpm~2200rpm/19~32dB)がセット。付属品に背面ブラケット固定タイプのファンコンが付く

直冷式のGPUクーラーとオプションFAN

「iCE AGE G-1000」 底部
ヒートパイプ部はGPUコア接触部分がダイレクトとなる“ダイレクトタッチヒートパイプ」仕様となるVGAクーラー「iCE AGE G-1000」
「ICE-F1」
オプションファン「ICE-F1」も販売されており、ファンタイプは80×35mmのオープンフレーム。2500rpm/1200rpmでの回転数が任意で選択可能だ

 同時発売の「iCE AGE G-1000」は、アルミ製ヒートシンクに3本の6径ヒートパイプで構成されており、ヒートパイプ部はGPUコア接触部分がダイレクトとなる「ダイレクトタッチヒートパイプ」仕様となるのが特徴のVGAクーラー。本体サイズは、164(W)×106(D)×34(H)mm、重量が250g。対応ビデオカードは、NVIDIA GeForce9600/8800(G92)、ATI Radeon HD 2600/3600/3650/3450など。付属品としてメモリチップ用アルミ製ヒートシンクやサーマルグリスを同梱する。価格は3980円。
 同じくオプションファン「ICE-F1」も販売されており、ファンタイプは80×35mmのオープンフレーム。12V/5Vケーブルが付属し、それぞれ2500rpm/1200rpmでの回転数が任意で選択可能。ブルーLEDで光るというギミックもある。価格は1280円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中