このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

買う前に、読む! 新MacBook はじめてガイドブック 第1回

リポート:新MacBookシリーズ説明会@アップルジャパン本社

新MacBookの魅力を大いに語る

2008年10月20日 18時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MacBookのために生まれた「LED Cinema Display」

──ずっと気になっていたのですが、そこにあるのは新製品の「LED Cinema Display」ですよね?

 はい。これは斬新な製品でして、新しいMacBookシリーズのために作られた専用の24インチモニターなのです。背面からは電源のほか、今後標準になっていくであろうMini DisplayとUSB/MagSafeが一体化したケーブルが出ています。つまり、デスクトップで使うときはセカンドモニターとしての用途以外にも、MacBookの電源をこの「LED Cinema Display」経由で供給し、またUSB周辺機器のためのハブとしてもこのモニターが役立ちます。iSightやマイクも内蔵しているので、iChatのときにもこのモニターなら困りません。

──スピーカーも付いているようですが、どこにあるのでしょう?

 iMacと同じようにモニターの下から2.1チャンネルステレオスピーカーのサウンドが聞こえるはずです。このサウンドのクオリティーにも注目してください。

LED Cinema Display

1920×1200ドットの表示解像度を誇る「LED Cinema Display」。ちなみに画面に映っているMacBookのビデオでは、アップルとしては珍しく製造工程の一部を公開している

LED Cinema Display

iMacと同じように、「LED Cinema Display」の下の放熱スリットからサウンドが聞こえる仕組みだ。モニターは5度から25度の範囲で自由に角度調整が可能

 新しいMacBookシリーズも「LED Cinema Display」も、ぜひ実際にモノを触ってそのクオリティーを体験してください。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中