このページの本文へ

Sapphire「SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE」

8000円台の新型「Radeon HD 4550」搭載VGAがデビュー!

2008年10月15日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMD製GPU「Radeon HD 4000」シリーズのローエンドモデルとなる「Radeon HD 4550」を搭載した初のビデオカード「SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE」がSapphireから発売となった。

「SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE」 Radeon HD 4550
「Radeon HD 4000」シリーズのローエンドモデルとなる「Radeon HD 4550」を搭載した初のビデオカード「SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE」がSapphireから発売

 「Radeon HD 4550」は、先日搭載モデルが発売された「Radeon HD 4350」と同時に発表されたローエンド向けGPU。主なスペックは、製造プロセスが「Radeon HD 4800/4600」シリーズと同じ55nm。Stream Processor数は80基で、PCI Express 2.0に対応し、DirectX 10.1/Shader Model 4.1をサポート。コア/メモリクロック以外は「Radeon HD 4350」と同じで、そのコア/メモリクロックは600MHz/1600MHz(Radeon HD 4350は600MHz/1000MHz)。
 対応メモリはDDR3、メモリインターフェイスは64bit。お馴染みの動画再生支援機能「UVD2」をサポートし、消費電力が20Wと低めに抑えられている点も「Radeon HD 4350」と共通だ。

基板 裏面
カード本体。ローエンド向けの製品らしく小型の冷却ファン/ヒートシンクを搭載したLow-Profile仕様となる

 「Radeon HD 4550」採用第一弾となった「SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE」は、ローエンド向けの製品らしく小型の冷却ファン/ヒートシンクを搭載したLow-Profile仕様となる。搭載メモリはDDR3 512MB、ブラケット部はVGA/DVI(Dual-Link対応/HDCPサポート)/HDTV-OUTという構成。Sapphireのウェブサイトによると、メモリクロックは1800MHzとされている。付属品としてDVI→D-SUB変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、HDTV対応コンポーネントケーブル、S→コンポジット変換ケーブル、Low-Profileブラケットなどを同梱する。価格および販売ショップは以下の通り。

ラケット部 付属品
ブラケット部はVGA/DVI(Dual-Link対応/HDCPサポート)/HDTV-OUTという構成。この価格帯のVGAとしては珍しくDVI→HDMI変換コネクタも付属する
価格ショップ
「SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE」
¥8,270フェイスパーツ館
フェイスカスタム館
¥8,280TWOTOP秋葉原本店
¥8,373クレバリー1号店
¥8,380T-ZONE.PC DIY SHOP
¥8,480アーク

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中