このページの本文へ

Centrino 2対応でパワーアップした新Studio 15

2008年10月14日 16時10分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年6月に登場した、デルの新しい個人/家庭向けノート「Studio 15」に、「Centrino 2 プロセッサー・テクノロジー」に対応したパワーアップ版が登場した。

Centrino 2対応にパワーアップした「Studio 15」

Centrino 2対応にパワーアップした「Studio 15」。ディスプレー部側面のデザインが代わって赤になり、やや派手になった印象だ

 15.4型ワイド液晶ディスプレーを搭載するStudio 15は、多用な個人ユーザーの嗜好に合わせて、天板に豊富なカラーバリエーション(全8色)を用意したノートパソコンである。

 HDMI出力端子の標準搭載やBDドライブの選択可能など、AV用途を重視した機能が特徴。従来機種は、BD再生を実現するためにAMD製のGPU(Mobility Radeon HD 3450)が必須だった。しかし、新製品ではCentrino 2対応のプラットフォームに変更され、比較的安価なIntel GM45 Expressチップセット(BD再生支援機能付きGPU内蔵)の構成でも、BDが再生できるようになった。CPUも最新のCore 2 Duo P8600(2.40GHz)、同P8400(2.26GHz)を選択可能である。

 また、従来機種ではAMD CPU搭載モデルのみの対応だったeSATA/USB共有ポートを標準搭載。高速なeSATA接続の外付けHDDを手軽に利用できる。

 ディスプレーサイズは15.4型だが、解像度は3種類用意されている。1920×1200ドットのフルHDを超えるディスプレーのほかに、1440×900ドットと1280×800ドットのディスプレーも選択できる。

 本日から販売を開始しており、最小構成価格は10万4980円から。

Studio 15の主なスペック
CPU Core 2 Duo P8600(2.40GHz)、P8400(2.25GHz)
メモリー 2~4GB
グラフィックス Mobility Radeon HD 3450、Intel GM45 Expressチップセット内蔵
ディスプレー 15.4型ワイド 1920×1200ドット、1440×900ドット(LEDバックライト)、1280×800ドット(LEDバックライト)
HDD 160、250GB
光学ドライブ BD-ROMドライブ、DVDスーパーマルチドライブ
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/nなど
カードスロット Express Card(34、54対応)×1、8in1 カードリーダー
インターフェース USB 2.0×4(うち1はeSATA/USB共用)、HDMI出力、アナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、LAN(10/100/1000BASE-T)、i.LINKなど
サイズ 幅356×奥行き261×高さ38.5mm
重量 約2.68kg
OS Windows Vista Ultimate SP1/Home Premium SP1/Home Basic SP1
最小構成価格 10万4980円から

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン