このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

国際航空宇宙展・デモフライトフォトレポート

秋晴れの横浜に飛行艇とヘリがやってきた!

2008年10月09日 19時40分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
US-2
デモフライトに参加したUS-2。白い機体が青空に映えて美しい(撮影:編集部)

 10月1日(水)よりパシフィコ横浜で開催されていた「国際航空宇宙展2008」。パブリックデイの10月4日(土)と10月5日(日)には、パシフィコ横浜に隣接する臨港パーク(横浜港)にて「国際航空宇宙展2008」に出展している組織・団体によるデモフライトが実施された。
 このデモフライトだが、出展している民間企業のヘリコプターのほか、神奈川県内の自治体消防局より消防ヘリコプター、そして陸海空の各自衛隊からヘリコプターと航空機が参加した。
 今回はそのうち4日(土)に行なわれたデモフライトの様子を、フォトレポートとしてお送りする。なお、航空宇宙展会場内の様子は、こちら「あの「心神」を展示!……パシフィコ横浜で国際航空宇宙展始まる 」をご覧頂きたい。

臨港パーク パシフィコ横浜に隣接する臨港パークには多数の観覧者が集まり、デモフライトの開始をいまかいまかと待っていた
UH-60J UH-60J
まず登場したのは、航空自衛隊のUH-60J。本機は日本近海での水難救助に用いられ、海面近くで見事なホバリングを披露した
UH-60J UH-60J
ホバリングに続いて、同ヘリに搭乗するダイバーが海面にダイブして、海面を漂流中の遭難者を救助する水難救助のデモンストレーションを実施した

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ