このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

写真で見る、Eee PC 901-Xとの違い

国内発売が待ち遠しい! 「Eee PC S101」に触った

2008年10月07日 20時58分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Eee PC S101

台湾ASUSTek Computerが開催した「Eee PC S101」の記者発表会に突撃取材だ!

台湾で、EeePCの新モデルを激写した


 全世界で400万台売ったという低価格ノートの火付け役といえば、ご存知「Eee PC」シリーズだ。7日、そのEee PCの新モデルとなる「Eee PC S101」が台湾にて発表された。発売は中国や台湾などの地域が8日で、価格は699ドルから。国内の発売・価格は未定となっている(追記:11月6日、国内での発売が発表されました。詳しくはこちらの記事を参照)。

Eee PC S101

Eee PC S101

 目を引くのは最薄部1.8cmで1kgという本体だ。本体カラーは従来のホワイト/ブラックから、ブラウン/グラファイト/シャンパンの3色に変更され、よりスタイリッシュな印象となった。

 ストレージは従来同様SSDで、Windows XP搭載で16GBのSSDを搭載するモデルと、Linux搭載で32GB/64GB SSD搭載の3モデルがある。

 液晶ディスプレーは10.2型ワイドで1024×600ドット、CPUがAtom(1.6GHz)、チップセットはインテル945GSE、メモリー容量は1GB。インターフェースはVGA出力、USB 2.0×3、10/100BASE-TX対応のEthernet、SD/SDHCカードスロットなど。無線通信機能は、無線LAN(IEEE 802.11n Draft 2.0)とBluetooth 2.0に対応。バッテリー駆動時間は5時間。30GBぶんのオンラインストレージが付属する。

 以下、写真でその魅力をお届けしよう。

前面

前面

背面

背面にはVGA出力、LAN、SD/SDHCカードスロットがある

右側面

右側面。1基のUSB 2.0端子と、マイク入力、ヘッドホン出力を用意

左側面

左側面。2基のUSB 2.0端子がある

液晶を開いたところ

液晶ディスプレーを限界まで開いたところ

液晶ディスプレー

液晶ディスプレーとキーボード。液晶ディスプレー上にはウェブカメラがある

ヒンジ

ヒンジ部の拡大。スワロフスキー・クリスタルをあしらっている

SDカードスロット

SD/SDHCカードスロットの拡大。背面にあるのは、やや取り出しにくいか

ランプ

画面を閉じるとヒンジ中央に充電を表すランプが見える

ランプ

キーボード上には電源や無線LANの状態を表すランプを用意

パームレスト

本体機構の改良で、パームレスト部分の温度がより下がっている。冷房の効いた発表会場ではパームレストが24度程度程度だった

キーボード

キーボードの拡大。取材時ではキーピッチは不明

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン