このページの本文へ

iPod対応コンポ、ヤマハから発売

2008年10月01日 12時00分更新

文● トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MCS-1330。中央のCDプレーヤーとアンプはどちらを上にして設置してもOK、CDプレーヤーを上にするとディスプレーが中央に固まる

 ヤマハからiPod対応コンポーネントが続々と登場する。まずは1日に発表となった「MCS-1330」(幅300mmのセパレート型)「MCR-330」「MCR-230」(幅180mmの一体型)、「CRX-430」(一体型CDレシーバー)から。

 いずれもiPod用のドック(アナログ接続)を内蔵しており、MCSとMCRの2シリーズに関しては、USB端子も装備する(MP3、WMAファイルなどの再生に対応)。

 MCS-1330はCDプレーヤーとアンプ部分が独立したセパレートタイプで、アンプ部分の上部にiPod用ドック、CDプレーヤー部分の前面にUSB端子を装備している。アンプ部分にはデジタルアンプを採用。モジュレーターLSIには自社開発の「YDA140」を使用している。CDプレーヤー部分のD/Aコンバーターは米TIのバーブラウン製。

 ピアノブラックのシックな外観で、アンプとCDプレーヤーは重ね置きが可能。iPodをドックに装着する場合にはアンプ部分を上に置く。CDプレーヤーを上にすることも可能でこの場合は、アンプおよびCDプレーヤーのディスプレー部分が中央で合わさる仕組みになっている。

 本体にはスピーカーも付属。13cmのアルミウーファーと2.5インチのソフトドームツィーターを組み合わせた2ウェイのバスレフタイプで、グランドピアノと同じ工程で塗装しているという。価格はオープンプライスで、12月上旬発売予定。実売価格は12万9800円程度になる見込み。

MCR-330。中央のメインユニットはMCR-230と共通だが、付属するスピーカーが異なる

 MCR-330/230は一体型で、メインユニットは共通。付属するスピーカーはともに2.5cmのツィーターと10cmのウーファーを組み合わせた2ウェイバスレフタイプだが、外観が異なる。

 MCR-330のスピーカーは、表面仕上げがピアノブラック、サランネットをギターをイメージしたデザインにするなど楽器メーカーならではこだわりをこめた。MCR-230付属のスピーカーは木目ブラック仕上げで、スピーカーケーブルを接続するターミナルもネジ式ではなくプッシュタイプになる。価格はともにオープンプライスで11月中旬発売予定。実売価格は3万9800円(MCR-330)/3万6800円前後(MCR-230)になる見込み。

CRX-430。英国で人気のM170の後継機だという

 CRX-430には、スピーカーが付属しない。イギリスで販売されている「M170」の後継モデルとして開発し、iPodドックも装備した。価格はオープンプライスで、発売は11月中旬発売予定。実売価格は3万4800円前後になる見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード

不正商品にご注意ください!

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画