このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CEATEC JAPAN 2008 レポート 第1回

未来の姿が見えた!? ケータイ新技術 ドコモ編 その1

2008年09月30日 22時28分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アジア最大のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」が、30日から幕張メッセで開幕した(10月4日まで)。PC分野では、NetBookやMID(Mobile Internet Device)の登場で、モバイルコンピューティングの話題が盛り上がっているが、日本のモバイルコンピューティングといえば高機能携帯電話の話題は外せない。

携帯電話を取り巻く最新技術の展示が盛りだくさんだったNTTドコモブース

携帯電話を取り巻く最新技術の展示が盛りだくさんだったNTTドコモブース。熱心に説明を聞く来場者が多く、非常に活気があった

 NTTドコモのブースでは、最新製品やソリューションをずらりと並べ……るのではなく、開発中の最新技術を中心に、携帯電話がこれからどう進化していくのかを示す、興味深い展示を行なっていた。

 ここでは展示の中から、興味深い技術を2回に分けてレポートしたい。


ディスプレーが取り外せる! 合体分離ケータイ

 一般的な日本の携帯電話機は、2つ折りタイプで片方がディスプレー、もう片方が操作部というスタイルが定番だ。しかしこの「セパレートケータイ」は、なんとディスプレー部と操作部が分離して使えるのだ!

一見すると普通の2つ折り携帯電話機だが

一見すると普通の2つ折り携帯電話機だが……

ディスプレー部と操作部が分離する

ディスプレー部と操作部がぽろりと外れて分離するのだ!

 通常はマグネットで合体しているディスプレーと操作部だが、ちょっと力を入れると簡単に外れる。ディスプレー部と操作部はBluetoothで接続されているので、切り離した状態でも操作が画面に反映される仕組みだ。ディスプレー部はタッチパネルになっていて、ディスプレーだけでも操作できる。

 通常、携帯電話機で通話中は画面を見られないが、この方式なら画面を見ながら通話できる。保存したデータやメール、ウェブサイトを確認しつつ通話できるのは便利そうだ。操作部を鞄に入れておき、ディスプレー部だけを手に持って携帯音楽プレーヤー的にも使えると提案されていた。

画面を見ながら通話という芸当も当たり前に

画面を見ながら通話という、普通の携帯電話機ではヘッドセットでも使わないとできない芸当も当たり前にできる

 またこの方式なら、用途に合わせてディスプレー部を変えることも可能だ。例えば、一般的な利用には付属の3インチ程度の画面を使い、ゲームをしたり動画を鑑賞する際には、より大きなディスプレーに接続して使うといったアプローチが提案されていた。ディスプレー部と操作部の通信はBluetoothなので、必要なソフトウェアさえ用意できれば、携帯電話の画面をBluetooth搭載のパソコン画面に表示することも可能だろう。

広い画面で携帯ゲームを楽しめる

大きめのディスプレー部と接続して、広い画面で携帯ゲームを楽しめる

ディスプレー部の回転も自由度が高い

ディスプレー部が回転する携帯電話機は珍しくないが、この方式なら自由度は高い

富士通のブースにもセパレートケータイが展示

端末の開発に当たった富士通のブースにも、別形状のセパレートケータイが展示されていた。操作部をディスプレー部の短辺や長辺につけかえるなど、今までなら複雑な可動部が必要だった配置も簡単にできる


ケータイが車のキーになる!?

車のワイヤレスキーになる「インテリジェントキー搭載ケータイ」

車のワイヤレスキーになる「インテリジェントキー搭載ケータイ」。ポケットに入れたまま、近づくだけでドアロックが解除される便利なもの

 携帯電話機が車のキーになるという技術の展示が行なわれていた。「インテリジェントキー搭載ケータイ」と呼ばれるこの携帯電話機は、ドコモとシャープ、日産自動車が共同開発したものだ。日産が2002年から採用しているインテリジェントキーと呼ばれる技術を携帯電話機に組み込んで、「車のキー+α」の機能を持たせる試みである。

 自動車の運転者がインテリジェントキー搭載ケータイを持ったまま車に近づくと、車と携帯電話機が直接近距離無線通信を行なって、自動的にドアロックが解除される。通信は無線で行なわれるので、携帯電話機はポケットの中に入っていてもいい。ドアロックの解除だけでなく、エンジンの始動キーとしても利用できる。

 ただし、非接触ICカード技術を用いるおさいふケータイと違い、携帯電話機の電源がオフだと使えないのがネックだ。電池が切れて鍵が開きません……なんて悲喜劇をあり得るので、「通常の鍵が一切不必要」という程度まではいかない。

車内に入ると、自動的にハンズフリーモードに切り替わる

車内に入ると、自動的にハンズフリーモードに切り替わる。車内にヘッドセットに当たる機能があれば、そのままハンズフリーでの通話が可能だ

 インテリジェントキー搭載ケータイはBluetoothを内蔵しており、車に乗り込むと自動的にハンズフリーモードに切り替わって、ヘッドセット等を使って通話できるようになる。さらにカーナビと通信して、携帯電話機内の楽曲をカーオーディオで再生したり、ケータイと目的地情報をやり取りするといった使い方も提案されている。車内携帯電話機を置き忘れそうになると、アラームが鳴って警告するといった機能も備える。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン