このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット”第33回

幽霊に会うマナー教えます メガ恐怖サイト「路地裏」

2008年09月29日 16時37分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

心霊スポット探訪のマナーを教えてください


── 路地裏を読むと心霊スポットに行きたくなる人も多いと思います。そういう人に対して何かお願いや注意があれば教えてください。

Tokyo-Power 若い頃は自分もひやかしで行っていたので、あまりうるさくは言えません。ただ、行くに際して、ほんの少しでもいいから下調べをしてほしいですよね。

 よく問題になるのは「現場の破壊」です。禁止するのは簡単ですが、心霊スポットに行くのは根性試しみたいな側面があるから「俺は平気だぜ」という感じでやっちゃうと思うんですよ。でも実際に下調べをして、そこで起きた悲劇を知れば、自ずと破壊したくなくなるんじゃないかと考えています。

Tokyo-Power氏が執筆に参加した「怨念地図」シリーズ。夏のコンビニに並ぶ風物詩だ

── それは路地裏のコンセプトと同じですね。

Tokyo-Power そうですね。心霊関係の書籍を読むとよく「亡霊に同情してしまうと、憑いてくるからダメ」と書いてあるんです。僕も最初はそういう気持ちでいたんですけど、やっぱり違和感があるんですよね。今は自分の感情に素直になってかわいそうだと思ったら徹底的にそう思うようにしています。

 少なくとも「この霊はかわいそうだけど、同情したら憑かれてしまう……どうしよう」と葛藤するくらいの気持ちになった時点で破壊しようなんて気は起きないですからね。


── 霊の被害より、人災のほうが怖いって話もありますよね。

Tokyo-Power たしかによく聞きますね。ある心霊スポットを深夜に取材しているとき、暴走族が後方から来たことがありました。幸いなことに彼らは好意的で「何、テレビ? 取材!?」と興味を持っただけで、少し話したあと「がんばってー!」と走り去っていきましたけど。あれが強盗狙いだったら怖かった。そういうこともあるんですよ。


── では、最後に。路地裏の今後の目標を教えてください。

Tokyo-Power あんまりないですねえ(笑) でも、サイトを続けることで僕と同じような悲しい気持ちを共有してくれる人が一人でも二人でも増えればいいと思っています。更新を止めることはないので、今後も細々とやっていくんじゃないかと。


筆者紹介──古田雄介


古田雄介

 元建設現場監督&元葬儀業者&現古銭マニアのデジタル&サブカルライター。心霊現象は信じていないですが、死にまつわるあらゆる事象に興味を持つ31歳です。「古田雄介のブログ」では、皆さんのお勧めサイトを募集中です。



*次回は10月13日掲載予定


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン