このページの本文へ

Superflower「SF-10/NPS」

アレに似ている……!? 収納性バツグンのオールブラックケース

2008年09月20日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 標準で200mm角ファンを2基搭載するなど、冷却に特化したというSuperflower製のPCケース「SF-10/NPS」が発売となった。代理店はセリング。

標準で200mm角ファンを2基搭載するなど、冷却に特化したというSuperflower製(代理店はセリング)のPCケース「SF-10/NPS」が発売

サイドから

フロントの140mm角ファン2基とトップとサイドの200mm角ファン2基はいずれもブルーLED仕様となる

 本製品は、フロントに140mm角ファンを2基、トップとサイドに200mm角ファンを2基、リヤに120mm角ファンを1基の計5基の大型ファンを標準で搭載するのが特徴のPCケース。さらに底面にも120mmもしくは140mm角ファンを1基増設可能だ。
 内部は、ブラックカラーに塗装されたスチール製でサイズは205(W)×500(D)×545(H)mm。サイドパネルには200mm角ファンを搭載し、内部が見える透明アクリルパネル仕様。また、フロントにずらりと並んだ5インチベイは全部で10段、3.5インチシャドウベイも8基と豊富に用意されている。

内部の様子。シャシー内部までブラックカラーに塗装されたスチール製の本体は、サイズ205(W)×500(D)×545(H)mm。3.5インチシャドウベイも8基と豊富に用意されている

 フロントに向かって傾斜する200mm角ファンを搭載する天板や、シャシー内部まで塗装されたブラックカラー、フロントに並んだ5インチベイなど、これらの特徴から連想する人気ケースがあることに気づいた読者諸君も多いはずだ。そう、Antecの人気ケースである「Nine Hundred AB」と、非常に酷似しているのだ。これにはショップスタッフも苦笑いといったところだが、それも人気ケースの宿命と言えるのかもしれない。価格はドスパラ秋葉原本店で1万4800円、T-ZONE.PC DIY SHOPとツクモケース王国で1万5800円。余談だが、前述の「Nine Hundred AB」は、現在の約2万円前後で販売中だ。

電源は底面にマウントする仕組み。その隣には120mmもしくは140mm角ファンを1基増設可能だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中