このページの本文へ

Touch Diamond徹底解剖第8回

3ヵ月で100万台売れたモンスターケータイ

Touch Diamond 海外でバカ売れの実力は?

2008年09月20日 02時44分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

画像を見ながら連絡先を探せる


 連絡先を探すとき、顔写真を見ながら探せるのは便利だ。正確に言えば、TouchFLO 3Dの「お気に入り」というタブの中に連絡先を登録しておけば、ジャケット写真をめくるような感覚で探し出せる。登録できるのは住所録全体の中から15件に限られるが、これだけ登録できればたいていの人は事足りるだろう。

アドレス帳画面
アドレス帳画面


何気に便利なスタイラス


 スタイラスまわりの細かな工夫には驚かされた。軸の部分が磁石になっており、スタイラスホルダーに差し込むとまるで何かに吸い込まれるようにピタッと収納されるのが気持ちいい。当然、抜け落ち防止にもなる。

スタイラスは本体右下に収納する
スタイラスは本体右下に収納する

 便利なのは「ピタッと収納」だけではない。画面が消灯状態でも、スタイラスを取り出すと、それに連動して画面が点灯するようにもなっている。手早くメモを取りたいときなど、画面を手動で点灯させる必要がないので思いのほか重宝する。



使い勝手をよくする加速度センサー


 Touch Diamondは加速度センサーを搭載し、ウェブや画像、着信時の使い勝手をよくしている。例えば、本体を横に回転させるとそれに連動してウェブや画像も横向き表示になったり、電話の着信音が鳴っているときに本体を裏返すと、着信音が鳴り止むといった具合だ。ただしAPIは非公開となっており、iPhoneのように加速度センサーを活用したゲームなどを開発する余地がないのは残念だ。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン