このページの本文へ

キヤノン、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラの「EOS 5D Mark II」を発表

フルHD動画撮影機能を搭載した注目機

2008年09月18日 00時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン(株)は17日、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」と広角・大口径の新レンズ「EF24mm F1.4L II USM」を発売すると発表した。価格は「EOS 5D Mark II」がオープンプライスで、実売価格は30万円前後。「EF24mm F1.4L II USM」の価格は23万5000円だ。

EOS 5D Mark II EOS 5D Mark II
「EOS 5D Mark II」はボディー単体のほか、「EF24-105L IS USM」とのレンズキット(実売価格40万円前後)を用意する。発売は11月下旬予定

EOS 5D Mark II」は、「EOS 5D」の後継モデルに位置する有効約2110万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した一眼レフデジカメ。EOSシリーズ初のフルHD(1920×1080ドット/30フレーム/秒)でのムービー撮影ができるほか、3タイプのAFモードを選択可能なライブビュー機能を搭載する。

高速画像処理エンジン「DIGIC 4」の画像処理能力向上により、高感度時のノイズ低減を実現。常用ISO感度は100~6400だが、拡張ISO25600の超高感度撮影も可能だ。

記録メディアはコンパクトフラッシュカード(タイプI/II、UDMA対応)。本体サイズは幅152.0×奥行き75.0×高さ113.5mm、重さは約810g(本体のみ)。


EF24mm F1.4L II USM」は、ガラスモールド非球面レンズや特殊低分散ガラスなどの特殊光学材料を採用し、倍率色収差を良好に補正するといったさらなる高画質化を実現した高性能レンズだ。

EF24mm F1.4L II USM
プロユーザーの厳しい要求にも応える防塵・防滴構造は、過酷な撮影条件下でも高い信頼性を発揮する。12月中旬発売予定だ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中