このページの本文へ

キヤノン、オフィス用A3レーザー複合機「image RUNNER」シリーズ6製品とA3レーザープリンター「Satera LBP4500」を発表

業務用レザープリンターに新型登場

2008年09月16日 23時53分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン(株)は10日、オフィス用A3レーザー複合機「image RUNNER」シリーズ6製品とA3レーザープリンター「Satera LBP4500」を発表した。

image RUNNER」シリーズは、オフィス用のA3モノクロレーザー複合機で、「iR 3245/iR 3245F」「iR 3235/iR 3235F」「iR 3225/iR 3235F」の3モデル6機種を用意する。いずれの機種も新開発の高速コンパクトカラースキャナーを搭載しており、読み取った原稿をカラー画像のままPDF/TIFF/JPEG形式で保存できる。型番の末尾に「F」が付いた「iR 3245F」「iR 3235F」「iR 3235F」は、プリンター/ファクス機能を標準で備えたモデル。「iR 3245」「iR 3235」「iR 3225」の3モデルはコピー機能に特化した製品で、使用環境に合わせてオプションにより機能を選択できるモデルだ。なお、1台でファクスを最大3回線まで増設可能。9月中旬に発売予定だ。

image RUNNER
価格はA4横45枚/分機の「iR 3245」と「iR 3245F」が128万円と163万円、35枚/分機の「iR 3235」と「iR 3235F」が113万円と148万円、25枚/分機の「iR 3225」と「iR 3235F」が88万円と123万円だ。写真は「iR 3245F」にオプションの「フィニッシャー・S1」などを装着した状態

Satera LBP4500」は、A3サイズに対応した高速モノクロレーザープリンターだ。オプション装着時に最大で5655枚の給紙、2000枚の排紙が可能。こちらは10月中旬の発売予定で、価格は44万8000円。

LBP4500
オプションの「サドルフィニッシャー・AE2」などを装着した状態。A4ヨコサイズの場合、毎分45枚の出力速度を備える

今回発売されたすべての機種に7.5インチTFTカラー液晶タッチパネルを採用。不正アクセスや通信内容ののぞき見などを防止するIEEE802.1XやIPSecに対応するなど、セキュリティー機能を備える。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中