このページの本文へ

Sapphire「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」

期待の新型GPU「Radeon HD 4670」搭載VGAが早くも店頭に!!

2008年09月10日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日13時に発表されたばかりのAMDの新型GPU「Radeon HD 4670」を搭載した初のビデオカード「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」がSapphireから発売となった。

「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」 「Radeon HD 4670」
本日13時に発表されたばかりのAMDの新型GPU「Radeon HD 4670」を搭載した初のビデオカード「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」がSapphireから発売

 「Radeon HD 4670」は、すでに発売中の「Radeon HD 4800」シリーズ(「Radeon HD 4850」と「Radeon HD 4870」)の下位モデルとなる製品。ラインナップは、今回登場した「Radeon HD 4670」と「Radeon HD 4650」の2種類が用意されている。
 詳細については「好調RadeonのミドルクラスGPU、Radeon HD 4600が発表」に詳しいのでそちらを参照していただきたいが、以下に特徴をまとめてみた。

  • 製造プロセスは「Radeon HD 4800」シリーズと同じ55nm。PCI Express 2.0に対応し、DirectX 10.1/Shader Model 4.1をサポートする点も変わらないが、直近の上位モデル「Radeon HD 4850」と比較すると、Stream Processor数は800基→320基、テクスチャユニットは40基→32基、メモリインターフェイスは256bit→128bitと変更。
  • 「Radeon HD 4670」は、メモリがGDDR3版とDDR3版が用意。GDDR3版のコア/メモリクロックは750MHz/2000MHz、DDR3版のコア/メモリクロックは750MHz/1800MHz。
  • 動画再生支援機能は、従来通り「UVD2」でCrossFire Xにも対応。シリーズの消費電力は75W以下とされるが、例えば「Radeon HD 4670」GDDR3版では59Wとされている。外部電源コネクタはない。

基板 裏面
Sapphire製「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」は、ミドルレンジクラスのビデオカードらしく、小型の冷却ファン/ヒートシンクを搭載したシンプルな製品で、搭載メモリはGDDR3 512MB。ブラケット部はDualDVI/HDTV-OUTという構成

 発売されたSapphire製「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」は、ミドルレンジクラスのビデオカードらしく、小型の冷却ファン/ヒートシンクを搭載したシンプルな製品で、搭載メモリはGDDR3 512MB。ブラケット部はDualDVI/HDTV-OUTという構成。付属品としてDVI→D-SUB変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、HDTV対応コンポーネントケーブル、S-Video→コンポジット変換コネクタなどを同梱する。
 価格はご覧のように1万2000円前後といったところで、ミドルレンジクラスの製品としては悪くない価格設定。バリバリのゲーマー仕様ではなく、WEBブラウジングやDVD鑑賞等の“普段使い”の為のビデオカードとしては有力な製品の登場と言えそうだ。

Hynix製メモリチップ ポップ
GDDR3 512MBにはHynix製メモリチップを搭載。価格はご覧のように1万2000円前後といったところで、ミドルレンジクラスの製品としては悪くない価格設定となっている
価格ショップ
「HD4670 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」
¥11,980アーク
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥12,380ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
パソコンハウス東映
テクノハウス東映

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中