このページの本文へ

「Sony Dealer Convention 2008」開催

ワイヤレス有機ELテレビも! ソニーの最先端に迫る

2008年09月10日 18時36分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ガラス管スピーカーのニューバージョンも

 スピーカーでもいくつかユニークな参考展示が見られた。シートにスピーカーが組み込まれたバーチャルサラウンドシステムは、リア2つのスピーカーで前方からの音を仮想的に再現し、サラウンド化する。通常は前方のスピーカーで後方からの音を再現するので逆転の発想だ。

シートに埋め込まれた2つのスピーカーでバーチャルサラウンドを実現

シートに埋め込まれた2つのスピーカーでバーチャルサラウンドを実現。ちなみにシートとして販売するわけではないらしい

 耳の近くにスピーカーを配置することで音が小さくて済み、出力も1W程度で足りる。マンションなどの集合住宅でも心置きなくサラウンドを堪能できるという。

 また、ガラスの筒を振動させて音を鳴らす「Sountina」(関連記事)と同じ原理を採用しながら、筒の長さを短くしたスピーカーも展示されていた。

インテリア照明が吊り下げられているのかと思いきや、そこから音が鳴っている

インテリア照明が吊り下げられているのかと思いきや、そこから音が鳴っている

 ガラス管の構造を改良することで、Sountinaのガラス管の長さと同等の音の伝送路を確保。同様の広がりを表現できるという。

そのほか、テーブルに埋め込まれたプロジェクター(左)やスピーカーを埋め込んだフロアースタンド(右)なども参考展示されていた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン