このページの本文へ

GMO-HSの「アイル」がサービス内容変更

月945円~のレンサバが容量20倍に

2008年09月05日 21時50分更新

文● 岡本善隆/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GMOホスティング&セキュリティ(株)が運営するホスティングサービス「アイル」が、共用型サービス「iCLUSTA(アイクラスタ)」のうち、一部プランのディスク容量を10月1日より拡大することを発表した。

iCLUSTA キャンペーンページ 9月まで初期費用をキャッシュバックするサービスを展開している。

 現在、月額1000~2000円程度で利用可能なホスティングサービスでは、独自ドメインによるWebサイト運営、迷惑メールフィルタやWebメールなどのツールを含むメール機能などがセットになっているのが一般的で、個人事業者や小規模オフィスで広く利用されている。また最近では、Webサイトの高機能化・大規模化に合わせ、ディスク容量の拡大への需要が高まっている。

 この動きに合わせたのが今回のアイルの発表となる。iCLUSTAのエントリ層向けプランである「i-01」は従来の100MBから5GBに、「i-02」は同じく200MBから10GBに引き上げられた。なお、月額料金は据え置きでそれぞれ月945円~、月1955円~(ともに12カ月契約時)となる。

  ディスク容量 ウェブ・ログ領域 メール領域 月額料金
i-01 100MB → 5GB 75MB → 4GB 25MB → 1GB 945円~
i-02 200MB → 10GB 150MB → 8GB 50MB → 2GB 1955円~
i-03 20GB 16GB 4GB 4095円~
i-04 40GB 32GB 8GB 6300円~
i-05 80GB 64GB 16GB 9450円~

 また、同社では今回のディスク容量拡大に合わせて、iCLUSTAのすべてのプランについて、9月30日までに6カ月、または12カ月契約を行った利用者を対象に、本来は1万9550円が必要となる初期設定費用をキャッシュバックする記念サービスを開催している。

カテゴリートップへ

ピックアップ