このページの本文へ

トラックボール復権運動始まる

私たち、トラックボールじゃなきゃダメなんです!

2008年10月11日 15時00分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トラックボールに対する嗜好は個人差が激しい?

参加者5名中、3名がこのMarble Mouseを使っている

座談会参加者5名中、3名がこのMarble Mouseを使っている。大直径の玉、手に馴染むボディーライン、おまけに安価

小西:座談会メンバーでは、センタータイプのMarble Mouseを使っているのが3人で、ほかのタイプが1人ずつ。私は親指タイプ派だけど、センタータイプはどこが魅力なのかな?

小浜:僕は手の怪我のため左手で使う必要があったので、左右対称じゃなければ使えなかったんです。ケンジントンの製品も店頭で触ってみましたが、「Expert Mouse」は価格が高めだったのと、少々大きいので諦めました。

広田:俺はMacを使っているので、ケンジントン製品を使ってみたいなと思っていたけれど、やはり当時は高いという印象があったので……。他製品もいろいろ触ってみましたが、自分の手にしっくりくる形状なのは、Marble Mouseだけでしたね。

広田は普段、MacBookにMarble Mouseをつなげて使っている

広田は普段、MacBookにMarble Mouseをつなげて使っている

橋本:僕はノートもスティックポインターの製品しか使っていないので、人差し指で操作できるセンタータイプはスティックと似た感覚がある。だから慣れやすかったのでしょう。

北村手が疲れにくいというのは、トラックボールの重要なポイントだよね。俺がTrackball Explorerを使っているのも、ホールド感の良さと疲れにくさかな。ただ、Marble Mouseとは求めるものが違うようだ。

 Trackball Explorerは親指側に2つボタンがあって、そこに左右ボタンを割り当てているので、指1本で両ボタンを操作できる。ボタンは親指、ボールは人差し指と、2本の指だけで操れるのがいい。なるべく人差し指を玉から離さずにすむ。

小西:なるほどね。私が親指タイプを使ってるのは、使用感がマウスに似ているからかな。人差し指で左クリック、中指でホイール操作、薬指で右クリックという指使いは、マウスと同じだからね。疲れ具合はマウスと変わらないんだろうけど、マウスは普段使わないからな。なにせ自宅にはマウスなんか1個もない(笑)。


トラックボールでゲームもバリバリ!?

もぐら叩きに挑戦して、どのトラックボールが自分に合うかをチェック

もぐら叩きに挑戦して、どのトラックボールが自分に合うかをチェック。各人とも、慣れたトラックボールでは成績がいいが、それ以外には苦戦している

 会議室に持ち込んだテスト機で、メンバーは各社のトラックボールを試す。フラッシュゲームのもぐら叩きをプレイして、どれくらいスムーズに操作できるかを実証してみた。メンバー中、北村と小西はヘビーゲーマーで、パソコンゲームもトラックボールで遊んでいる。もぐら叩きやらせてもうまい。

広田:ゲームではトラックボールは使わないから、どうもうまくないな。ゲームのときはマウス。

小浜:トラックボールでゲームをするという発想はなかったですね。細かい動きをするものではないと思ってた。

北村:そうかい? 逆にボタン操作でボールが微妙に動いたりすることがないのは、ゲームにおけるトラックボールの利点ですね。ちょっとでも動けば、照準の位置がずれてしまう。トラックボールならFPSで確実に頭を狙い撃てるけど、マウスじゃ当てられない。

小西:同感。FPSなんかは、トラックボールじゃないとやってらんない。

 それにマウスだと、左右に大きく動かすのに、マウス本体を持ち上げて動かすけど、トラックボールは玉を大きく転がすだけ。超高感度のマウスなんか必要ない!(笑)

トラックボールを左手で使うという小浜。右手では思うように点数が出ないが、ボタン設定を変えて左手で使うと、倍以上の点数が出た

北村:ゲーム機のコントローラーにトラックボールが採用されれば、爆発的に普及すると思うんだけどな。

小西:いや、絶対ないだろ……あれ、なんかあったよね? トラックボールついたコントローラーのゲーム機。

広田:「ピピン@アットマーク」ですよ!(爆笑)

小浜:分かった! トラックボールで華麗なゲームプレイをしてる動画をニコ動にアップするんですよ!

北村:ダメだろ、それ……。Fatal1tyにでも使ってもらって、Fatal1tyブランドのトラックボールでも作れば売れるかな?(編注:Fatal1ty/フェイタリティ、アメリカの有名なプロゲーマーで、彼の名を冠したゲーマー向けパソコン周辺機器が多数ある。関連記事

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン