このページの本文へ

9万円台のモデルも! 20インチ台の新レグザ登場

2008年09月03日 22時05分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝の液晶テレビ「レグザ」(REGZA)に20インチ台の小型ラインアップ「AV」シリーズが登場する。

 今回発表されたのは、26インチワイドの「26AV550」(11月上旬発売)と22インチワイドの「22AV550」(9月15日発売)の2機種。パネル解像度はどちらも1366×768ドットだ。

「26AV550」 「22AV550」
26インチワイドの「26AV550」(左)と22インチワイドの「22AV550」(右)

 予想実売価格は、26AV550が13万円前後、22AV550が9万円前後となる。



環境に合わせて映像を調整する「おまかせモード」を搭載

 従来、レグザの26インチ以下の小型モデルは「C」シリーズや「A」シリーズがあったが、AVシリーズでは「ZH」シリーズや「ZV」シリーズなどの大画面モデルに搭載されている「おかませモード」が新たに搭載された。

 おまかせモードは、日の出/日の入り時刻や室内の明るさなど、視聴環境に応じて輝度や色の濃淡などを自動調整する画質補正機能だ(関連記事)。

 また、新開発の「シンプルレグザリモコン」は、チャンネルボタンを従来機種の約1.3倍の面積にした。

「シンプルレグザリモコン」 「シンプルレグザリモコン」

 そのほか、高精細フォントで表示する電子番組表(EPG)「レグザ番組表・ファイン」や、入力信号の遅延を抑えた「新ゲームモード」、AV機器やパソコンなどとの連携が可能な「レグザリンク」(HDMI連動)なども搭載している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン