このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ぱそぢえ~3分で分かるPCの基本 第7回

思わず人に教えたくなる64bit CPUの話

2008年09月05日 17時00分更新

文● 石井英男 漫画● 太田虎一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

先生、質問です!

Q 3Dゲームしたり、動画編集してるとメモリーを食います。もっとメモリーが欲しい! なんで64bit対応のソフトはまだまだ先の話なんですか?

A 最近はソフトやデータのサイズも大きくなり、32bit OSが扱える最大4GB(Windowsの場合は3GB超)のメモリーでは窮屈に感じるようになってきた。メモリーの価格も下がり、大容量メモリーを搭載しやすくなっている。しかし、64bit対応ソフトは主に企業向けの専門的なソフトを除けば非常に少ない。それはなぜか。

 最大の理由は64bit版のWindows OSが普及していないからだろう。64bit版のWindows上でも従来の32bit対応ソフトの大半は動くので(もちろん逆は不可能だ)、64bit対応版ソフトの開発に注力しにくいというのが現状だ。それに、64bitに対応していないCPU(Pentium 4シリーズやPentium Mシリーズ)を搭載したマシンもまだ現役として使われているため、64bit版のWindowsが主流になるにはまだまだ時間がかかりそうだ。


最新トレンド:新型CPUはほぼすべて64bitに対応

 現在、インテルの主力Core 2シリーズやPentium Dual-Coreシリーズなどのデスクトップ向けCPUは、ほぼすべてが64bit CPUとなっている(Atom 230など、一部のCPUは非対応)。

 またノートPC向けCPUについても、Atom ZxxシリーズやPentium Dual-Core Txxxxシリーズを除いた製品は、すべて64bitに対応している。AMDはインテルよりも先に64bit CPUの出荷を開始したこともあり、現行CPUはすべて64bit対応となっている。

■ 著者紹介

石井英男(いしい ひでお)

テクニカルライター。東京大学大学院 工学系研究科出身。在学中に雑誌や書籍の執筆を始め、大学院卒業後、フリーライターに。パソコンのハードウェアをはじめ、ノートパソコンやPDAなどのモバイル機器を専門としている。

太田虎一郎(おおた とらいちろう)

漫画家。かわいいキャラクターとシュールな世界観の絶妙なミスマッチが特徴。漫画ファンを中心にコアな人気を誇る。代表作に『宇宙の法則 世界の基本』(コアマガジン)、『かるき戦線』(芳文社)など。


■ この講座について

 「3分で分かるPCの基本」は、ほぼ毎週金曜日に更新です。第1シーズン「CPU編」は全13回の予定。全て読み終われば、ビギナーのあなたもPCマスター?!

  • 【ブックマーク用】 3分で分かるPCの基本 目次ページ
  • 第1回 「クロックって何?」
  • 第2回 「キャッシュって何?」
  • 第3回 「FSBって何?」
  • 第4回 「チップセットって何?」
  • 第5回 「マルチコアって何?」
  • 第6回 「プロセスルールって何?」
  • 第7回 「64bitって何?」
  • 第8回 「命令セットって何?」

 (以下続)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン