このページの本文へ

Movable Typeでも絵文字が使える!

2008年09月01日 18時41分更新

小橋川誠己/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 いまや絵文字は女の子だけのものではなく、誰もが使うもの。ネットマーケティング会社のアイシェアが今年6月に20代~40代の男女を対象に実施したアンケート調査によると、女性の55.2%、男性でも34.8%がメールに絵文字を使っているという(関連リンク)。

 そんな状況を反映してか、最近ではmixiやlivedoorといったSNS/ブログサービスの多くも絵文字の入力に対応している。われらがMovable Type(以下、MT)はどうなのか? と言えば残念ながら標準では絵文字をサポートしていない。ところが、MTでも簡単に絵文字を利用できるようになるプラグインがあるのだ。

emoddy
MTの投稿画面に追加された絵文字入力機能。右上の専用ボタンを押すと絵文字の一覧が表示される

 ブログ「CSS HappyLife」を運営する平澤 隆さんが開発した「emoddy」。9月23日にリリースされた最新版では、これまでの本文への絵文字入力に加えて、コメント欄への入力もサポートした。

emoddy
ファイル一式をコピーするだけで、プラグインとしてインストールされる

 インストール方法は、作者のブログからファイル一式をダウンロードし、mt.cgiと同じディレクトリに丸ごとコピーするだけ。エントリーの投稿画面に追加される専用ボタンを押せば絵文字の一覧がずらっと表示される。コメント欄でも使えるようにするにはもうひと手間、ちょっとしたテンプレートの改修が必要だが、とにかく手軽に利用できる点が魅力だ。

 emoddyは、絵文字を格納するディレクトリを1つ作り、そのディレクトリ内の画像データを絵文字として扱う仕組みなので、ディレクトリーに画像ファイルをコピーするだけで絵文字を追加できる。自作の絵文字やフリーのアイコンをどんどん足していけば、ケータイの絵文字とはまた一味違った楽しみ方ができるだろう。

 対応するMTのバージョンは、4.0~4.2。ライセンスはクリエイティブ・コモンズ(表示・非営利・継承)。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く