このページの本文へ

レイ・アウト、iPhone 3G用の大容量バッテリー内蔵レザーケース「RT-P1BT1/B」と小窓付きレザーケース「RT-P1LC6/B」を発表

iPhone用拡張バッテリー内蔵ケース

2008年08月29日 11時10分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)レイ・アウトは29日、iPhone 3G用の大容量バッテリー内蔵レザーケース「RT-P1BT1/B」と、小窓付きレザーケース「RT-P1LC6/B」を9月中旬に発売すると発表した。価格はいずれも、オープンプライス。

RT-P1BT1/B
物理スイッチで内蔵バッテリーからの給電をオンにする。使用中はLEDが点灯

RT-P1BT1/B」は、本革レザーケースに容量1800mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを内蔵した製品だ。iPhone 3G本体のバッテリーが空の状態からでも、音楽なら15時間、インターネットなら3.5時間、ムービーなら4.5時間、通話なら3.5時間、本製品の内蔵バッテリーで利用できる。なお、内蔵バッテリーは専用USBケーブルを使ってPCから充電し、約4時間でフル充電状態になる。約300回繰り返して充電可能だ。実売価格は9980円

RT-P1BT1/B RT-P1BT1/B
ケースは手になじむ子牛革を使用しており、ラバーコーティングされたポリカーボネートホルダーにiPhone本体を装着する。ブラックにオレンジのステッチがアクセントだ。

ケースに入れたままiPhoneの各種機能にアクセスできるが、Dockコネクター経由の同期などではケースからいったん取り外す必要がある。重さは約110g。


RT-P1LC6/B」は、フリップ部に「お知らせwindow」を備えた本革ケース。iPhoneの液晶画面に表示される時計や着信時の相手先などを、フリップを開けなくても確認できる点がポイントだ。実売価格は3480円

RT-P1LC6/B RT-P1LC6/B RT-P1LC6/B
背面にはカードホルダーを備えており、定期券やICカードなどを収容可能

液晶画面やホームボタンにアクセスしやすいオープンタイプ。ケースに入れたままカメラや各種ボタンなどを利用できる。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中