このページの本文へ

NTTドコモ、データ通信サービスのMac OS X対応を発表

ドコモのHSDPA対応データ通信端末がMac対応!

2008年08月27日 18時13分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FOMA A2502 HIGH-SPEED
韓国のエニデータ社が開発したUSB接続のHSDPA対応データ通信端末「FOMA A2502 HIGH-SPEED」。「定額データプラン」をMacで利用できるようになる

(株)NTTドコモは27日、同社のデータ通信サービスがMac OS Xに対応することを明らかにした。

同社のデータ通信サービスは現在Windowsのみの対応だが、9月1日11時よりMacで利用するためのソフトをまとめた「ドコモ コネクション マネージャ for Mac」の提供を開始。対応端末の「FOMA A2502 HIGH-SPEED」のMac用ドライバーや設定ツールを同社のウェブサイトよりダウンロード可能にするという。

対応システムは、Mac OS X 10.4.7〜10.4.11/10.5〜10.5.4だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中