このページの本文へ

たたいて写す防水デジカメ「μ 1050SW」発表

2008年08月26日 12時10分更新

文● 小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
μ 1050
オリンパスが発表したμ 1050。加速度センサーを利用したトントン操作に対応する

 水辺だけでなくスキー場などでも便利な防水デジカメ。しかし、手袋を付けた手で細かなカメラの操作は難しい……。そんな風に感じたことはないだろうか。オリンパスイメージングが26日に発表した「μ 1050SW」なら、そんなもどかしさに応えてくれるかもしれない。



2回叩くとシャッターが切れる、左右に叩けば画像が動く


 μ 1050SWは「トン♪トン♪操作」は、加速度センサーを利用した新インターフェース「タップコントロール」を採用している点が特徴だ。

 これはボタンや十字キーを利用した一般的なデジタルカメラの操作とは異なり、カメラを叩く動作で写真を撮るもの。シーンモードで「スノーモード」を選択し、カメラを後ろからトントンと2回叩くと、セルフタイマーが作動し、シャッターが落ちる。その際にも、顔検出により最適な露出を得る、フェイス&バックコントロールなどが動作する。

 セルフタイマーになっているのはブレを防ぐため。

 タップコントロールは、再生時や設定の変更にも利用可能。例えば本体の右を叩くとフラッシュのON/OFF、再生画面で右を叩くと次の写真に進むといった具合。また、スライドショーでカメラを傾けると再生スピードが速くなる。

 水中3mでも撮影できる防水性能、高さ1.5mから落としても大丈夫な耐衝撃性能、- 10℃までの低温動作保証に対応。撮像素子は1/2.33インチ有効1010万画素のCCDで、レンズは38~114mm相当の光学3倍ズーム。開放F値は3.5~5.0。xD-ピクチャーカードのほか、付属アダプターを介してMicro SDカード、内蔵約41.6MBのメモリーなどにも記録可能。背面液晶ディスプレーのサイズは2.7インチ(約23万ドット)。感度はISO 80~1600相当。バッテリー寿命は約200枚(CIPA測定基準の平均値)。

 本体サイズは幅93×奥行き22.6×高さ62mmで、重量は152g(本体のみ)。価格はオープンプライスで、発売はシルバー、ブルー、ゴールドが9月6日、ピンクが9月下旬。価格は4万円前後になる見込み。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン