このページの本文へ

オリンパスイメージング、26〜520mmカバーの広角望遠カメラ「CAMEDIA SP-565UZ」を発表

広角&超望遠のオールインワンカメラ

2008年08月26日 12時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパスイメージング(株)は26日、26〜520mm相当の光学20倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-565UZ」を9月20日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は5万円台前半。

CAMEDIA SP-565UZ」は、広角から望遠までカバーする高倍率ズームレンズやCCDシフト式の手ぶれ補正機能の搭載に加え、1cmのマクロ撮影も可能。スポーツから人物、植物の撮影まで対応するオールインワンデジカメだ。

CAMEDIA SP-565UZ
外付けフラッシュ「FL-50R」と「FL-36R」のリモート制御も可能な「CAMEDIA SP-565UZ」

ISO6400まで対応する2.33分の1インチの有効約1000万画素CCDと画像処理エンジン「TruePicIII」を搭載。16人までの顔を検出しながら、人物と背景の双方に対して明るさ調整を行う「フェイス&バックコントロール」機能を備える。

シーンモードには新たに超望遠モードの「野鳥モード」を追加。オプション製品のテレコンレンズ「TCON-17」(価格は1万5750円)を装着してこのモードに設定することで、最大1200mmの光学47倍ズームでの撮影が可能だ。

このほか撮影機能は、笑顔を認識して自動撮影する「スマイルショット」、ガイド通りに上下左右にカメラを移動するだけでパノラマ撮影が可能な「カメラ内パノラマ合成」を搭載。連射は最高で約13.5枚/秒(画像サイズは2048×1536画素に制限される)。液晶モニターは2.5インチの約23万画素TFTパネル。記録メディアは内蔵(約48MB)のほか、xD-ピクチャーカード、MicroSDカード(付属の変換アダプターを使用)に対応する。電源は単3形乾電池×4本で、ニッケル水素とアルカリ電池を使用できる。

サイズは幅116.0×奥行き80.8×83.3mmで、重さは373g(電池/メモリーカードを除く)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中