このページの本文へ

アイ・オー・データ機器、Mac用地上デジタル放送対応テレビキャプチャー「GV-MACTV」(MacTV)を発表

今度はI・O DATA! Macに地デジの波来たる

2008年08月21日 23時58分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MacTV
USBバスパワー駆動なので電源アダプターは不要。Macを強く意識したホワイトカラーで、LEDによって本体の使用状況がわかる

(株)アイ・オー・データ機器は21日、Macユーザー向けの地上デジタル放送対応テレビキャプチャーユニット「GV-MACTV」を年内に発売すると発表した。価格は未定だ。

GV-MACTV」(通称「MacTV」)は、MacのUSBポートに接続して地上デジタル放送の番組をハイビジョン画質のままで視聴・録画できるキャプチャーボックスだ。画質を優先した「シネマモード」、動き優先の「スポーツモード」、CPUへの負荷を抑えた「スタンダードモード」──という3つの視聴モードを搭載。EPG&iEPGに対応しており、テレビ番組表を閲覧しながら視聴や録画の予約もできる。また、Apple Remoteでチャンネルやボリュームの設定、メニュー操作といった操作も可能だ。

MacTV
録画した番組は「MacTVライブラリ」で管理する。スマートグループ機能やサムネール/コメントにも対応しているため、見たい番組を探しやすい。番組は内蔵/外付けハードディスクに保存可能だ

対応システムはMac OS X 10.4.11以上(Leopard対応)。対応マシンはIntel Core 2 Duoを搭載したiMacおよびMacBookシリーズ。本体サイズは幅約98×奥行き92×高さ25mm、重さは約120g。

なお開発中の情報のため、詳細は変更になる可能性があるという。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中