このページの本文へ

編集部厳選10店舗!! メイド喫茶へ行こう 第2回

編集部厳選10店舗!! メイド喫茶へ行こう

メイドさんだけが萌えじゃない!巫女さんカフェにシスターカフェ!

2008年08月24日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

迷える子羊たちよ!
stグレースコートで悔い改め懺悔なさい

 万世橋を越えたその先にその教会はある。そこには人生を悔い改め懺悔しに訪れるマニアや、神父さんのありがたいお言葉を賜りにくる腐女子のみなさんが集まる。

 そうここは、メイド喫茶ならぬシスター喫茶「st.GraceCourt」(セント グレースコート)だ。もちろんコスチュームは教会のシスター、そして神父さんは男装した女の子なのだ。

 店を訪れるとまず「迷える子羊よグレースコートへようこそいらっしゃいました」というあいさつで迎えらる。ここではお客さんが迷える子羊なのだ。店曰く、アキバに迷った子羊でも、人生に迷った子羊でもいいそうだ(笑)。そしてお見送りは「神のご加護がありますように」と、まさに教会エンターテインメント!

※「St.グレースコート」は、特定の教会や宗教団体ではありません。アミューズメント喫茶として営業しています。


●特徴

 この店の特徴は、なんと言ってもその雰囲気。店内には赤じゅうたんが敷き詰められ、天井には豪華なシャンデリア。壁には中世ヨーロッパのお城のロウソク台を模した豪華な照明が灯され、マホガニー調のテーブルをやわらかく照らす。

 店舗は1階と地下1階に分かれており、特に地下は外界と遮断され携帯電話の電波も届かず非常に落ち着いた空間を提供している。野暮用の電話から開放されるだけでなく、まわりにいるすべての人の携帯電話も鳴らないため、非常に静かなひと時を過ごせるのだ。

 さらに万世橋を越え、ダンジョンのように入り組んだ道沿いにあるばかりが、ともすれば見逃してしまう入り口になっているため、隠れ家というのに相応しい荘厳なシスターカフェ。それがSt.グレースコートだ。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ