このページの本文へ

サン電子、イー・モバイルやウィルコムなどのデータ通信カードが装着可能なブロードバンドルーター「Rooster-G8.0」を発表

スマートフォンでLAN環境構築

2008年08月19日 16時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サン電子(株)は19日、イー・モバイル(株)や(株)NTTドコモ、(株)ウィルコムが提供するデータ通信カードを装着できるブロードバンドルーター「Rooster-G8.0」を9月24日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は5万円前後。

Rooster-G8.0

米マーベル社製の高速ネットワーク用プロセッサーを採用し、高速なスループットとVPNを実現した「Rooster-G8.0」

Rooster-G8.0」は、CardBusスロットとUSB 2.0端子を備えており、携帯電話およびPHS事業者が提供するデータ通信端末を装着することでWAN側に各社の回線網を利用したブロードバンドルーターだ。USB端子では、イー・モバイルやウィルコムなどのスマートフォンとの接続にも対応。理論値7.2MbpsのHSDPA(3.5G)に対応しており、NTTドコモの「FOMAハイスピード」やソフトバンクモバイル(株)の「3Gハイスピード」、イー・モバイルの「EMモバイルブロードバンド」をサポートする。対応キャリアおよび端末の詳細は下記関連サイトを参照されたい。

このほか、インターフェースは1000BASE-T(AutoMDI/MDI-X対応)イーサネットポート5基搭載(メンテナンス専用1基含む)。VPN接続に対応しており、IPsecパススルーおよびPPTPパススルーをサポートする。電源はACアダプターを利用し、消費電力は最大12W。本体サイズは幅38×奥行き128×高さ165mmで、重量は300g。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中