このページの本文へ

実写で見る「LUMIX DMC-LX3」

2008年08月25日 09時00分更新

文● 周防克弥、小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ワイコンを装着した18mm相当の撮影でも画質に大きな差は出ない。ただ画角が広くなる分、ハレーションに注意だ。作例ではほぼ真上に太陽が在る状態で、フレアが出てしまっている

より通好みのコンセプトに


 LXシリーズには、16:9のワイド撮影機という側面に加え、LUMIXシリーズ随一の本格的なマニュアル撮影対応機という側面もある。このため従来機種の購入層の多くが写真をよく分かっているマニア層だったそうだ。

こちらは24mm、16:9の写真。上のサンプルと見比べてほしい

 DMC-LX3では、その傾向がさらに進みそうな印象だ。かなり玄人に振ったコンセプトになっている。本体の見た目も一見するとDMC-LX2によく似ているが、並べてみた印象はかなり異なる。ほぼフラットだった本体上部にストロボ取り付け用のホットシューが追加されたほか、グリップの形状も大きくなり、全体に男性的でゴツゴツした印象に変わった。

 背面の液晶パネルが3インチに大型化し、3:2になったこともあり、本体サイズはひとまわり大型化した。特に高さが増している。携帯性という観点ではマイナスポイントかもしれないが、ホールディング性や使いやすさといった観点では、プラスの印象を与える。なお、撮影に入る前にレンズキャップの取り外しが必要な点は従来と変わらないが、キャップを付けずに持ち運べる速写ケースも新たに追加されている。

 ホットシューには、外付けファインダーも装着できる。また、TTL対応の外部ストロボ(GN22)も用意される。これ以外にも、ストラップの両吊りに対応したほか、レンズアダプター(DMW-LA4)を介して46mm径の各種フィルター、コンバージョンレンズも利用できる。オプションのなかには、0.75倍のワイコンもあり、18mm相当の超ワイド撮影も楽しめる(ズームは利用不可)。

RICOH GX200と広角レンズの描写を比較


 ちょうど同じ感じのレンズ域をもつGX200と見比べてみた。シャープネスが高く、解像力が高い。コントラストも良い感じで高い上にシャドー側はつぶれにくく、良好な画質だ。周辺の描写を見てみると、GX200のほうには若干の流れがあるのに対し、LX3は少ない。

LUMIX DMC-LX3の24mm同ワイコン装着時
RICOH GX200の24mm同ワイコン装着時

 GX200には湾曲収差を補正する機能があり、ON/OFFで見比べている。

 レンズ単体での湾曲収差はかなり良いレベルで補正されている。GXでは補正機能を使わないとがっつり曲がってしまっている。 ワイコン装着時ではかなりの収差がでるが直線のものを撮らなければ気にはならないだろう。GXの収差補正機能がワイコン装着にも有効に機能してるのが分かる。

DMC-LX3:24mmDMC-LX3:ワイコン使用
GX200:24mm、歪曲補正ONGX200:24mm、歪曲補正OFF
GX200:ワイコン、歪曲補正ONGX200:ワイコン、歪曲補正OFF

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン