このページの本文へ

編集部厳選10店舗!! メイド喫茶へ行こう 第1回

編集部厳選10店舗!! メイド喫茶へ行こう

女性客にも人気の老舗メイド喫茶は初心者にも安心!

2008年08月22日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプロンのフリルも型崩れすることなく、高級感を漂わせるシルエットだ。フリルは背中まで続いており、後姿は腰に作った大きなリボンがシンプルな背中のシルエットにワンポイントで生えるシルエットになっている。

シンプルで落ち着いたイメージのメイド服

 ただし、このメイド服は基本スタイルであって、バリエーションの違うさまざまなメイド服がある。ミニスカート系のメイド服もあるが、チャラチャラしたものではなく、品のある萌えを見せるシルエットだ。メイド服の違いを探すのもまたオツな楽しみ方。

カチューシャもシンプルでレース生地は使っていない


●イベント

 イベントも盛りだくさんで、17時からのコスプレタイムがテーマを絞ったコスプレになるイベントがある。近々では8月31日からはじまる「納涼Day」。ウェイトレスさんは全員お化けとなって、ドリンクやミールをサーブしてくれるのだ。それ以外にも、全員がチャイナ服に身を包んだり、メガネっ娘になったりする。中でも珍しいのは、伝説ともなっている「ヤンキーDay」。入店するとレディースの特攻服に身を包んだウェイトレスさんが「もちろん、喫煙席だよな!」の第一声でお迎えしてくれ、メニューには「あんパン」が追加された。おそらくアキバのメイド喫茶でも、これだけ大量の衣装を持っているのは、メイリッシュ以外にはないだろう。

オススメのエビピラフとアキバジャイアントフロート

 まさにイベント性に事欠かないメイド喫茶。行けば何か面白いことをやっているメイド喫茶。それがメイリッシュだ。
 さらにアニメ番組とのタイアップイベントも多く、新番組のコスチュームを着てのサービスという場合もある。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ