このページの本文へ

英Last.fm、日本向けのストリーミングサービスを開始

350万楽曲を用意した無料のストリーミングサービス

2008年08月13日 17時27分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英Last.fm社は5日、音楽SNS「Last.fm」日本版で無料の「オンデマンドストリーミングサービス」と「ストリーミングラジオサービス」を開始したと発表した。用意した楽曲数は350万曲で、視聴は無料。

オンデマンドストリーミングサービス」は、ユニバーサルミュージック(株)などのレコード会社の協力のもと、オンデマンドで任意のアーティストの音楽を聴くことができる。現在3回までフルトラックの再生が可能。

ストリーミングラジオサービス」は、ユーザーの好みによってLast.fmがカスタマイズして楽曲をストリーミングで提供するというもの。いずれの音源も128kbpsのビットレートでストリーミングされる。

last.fm

音楽の再生にはFlash Playerを利用する。ウィンドウの右上にプレーヤーが表示され、再生ボタンを押すと音楽の再生が始まる

このほかに同社は、HMV Japanとのアフィリエイトパートナーシップを結び、Last.fmからHMVオンラインショップにアクセスして、楽曲を購入できるサービスを開始した。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中