このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

地デジ導入が加速 DESKPOWER秋冬モデル

2008年08月20日 10時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダビング10に正式対応した「TEO」

リビングパソコン「TEO」

リビングパソコン「TEO」。外観やハードウェアスペックは従来機種と同じ



 HDMI出力とBlu-ray Discドライブ搭載のリビングパソコン「TEO」は、出荷状態でデジタル放送の新運用ルール「ダビング10」に対応。対応番組の9回コピー+ムーブが可能となる。

 発売は9月下旬。店頭モデルの主な仕様は以下のとおり。直販モデルでは1TBのHDDが選択できる。


 
TEO/B90D TEO/B70D
CPU Turion X2 RM-70(2GHz)
HDD 750GB 500GB
グラフィックス機能 ATI Radeon HD 3200
光ドライブ 記録型BDドライブ スーパーマルチドライブ
無線LAN IEEE 802.11b/g
デジタルチューナー 3波対応 W録画対応
本体サイズ 幅340×奥行き357.5×高さ75mm
重量 6.6kg
OS Vista Home Premium SP1
予想実売価格 20万円前後 15万円前後


狭額縁でマルチディスプレーに最適な「DESKPOWER CE」

22インチ狭額縁ディスプレーを同梱する「CE/B90」

22インチ狭額縁ディスプレーを同梱する「CE/B90」



 省スペースデスクトップの「CE」シリーズは、従来の19インチディスプレー同梱モデルに加え、狭額縁タイプの22インチディスプレー同梱モデルを用意。

 さらに直販モデルでは、この22インチディスプレーを2個同梱したマルチディスプレーモデルも発売する。

WEB MARTで購入できる22インチマルチディスプレーモデル

WEB MARTで購入できる22インチマルチディスプレーモデル

 発売は8月22日で、主な仕様は以下のとおり。


 
CE/B90 CE/B50 CE/B40
CPU Core 2 Quad Q9300(2.50GHz) Core 2 Duo E7200(2.53GHz)
HDD 500GB 320GB
ディスプレー 22インチワイド(1680×1050ドット) 19インチワイド(1440×900ドット)
グラフィックス機能 チップセット内蔵(GMA X3500) チップセット内蔵(GMA 3100)
光ドライブ スーパーマルチドライブ
PCカードスロット Type-I/II ――
IEEE 1394 1ポート ――
本体サイズ 幅190×奥行き368×高さ365mm 幅179×奥行き339×高さ344mm
重量(光ドライブ非搭載) 7.4kg 7kg
OS Vista Home Premium SP1
予想実売価格 24万円前後 20万円前後 16万円強


ベーススペックがアップした「DESKPOWER EK」

19インチワイドディスプレー一体型の「EK/B50」

19インチワイドディスプレー一体型の「EK/B50」



 19インチワイド液晶一体型デスクトップパソコン「EK」シリーズは、CPUが従来のCeleron 540からCore 2 Duo T8100(2.10GHz)にスペックアップした。

 発売は9月5日で、店頭モデルの主な仕様は以下のとおり。直販モデルではCPUやメモリー、HDDの仕様選択が可能になっている。


 
EK/B50
CPU Core 2 Duo T8100(2.10Ghz)
HDD 320GB
ディスプレー 19インチワイド(1440×900ドット)
グラフィックス機能 チップセット内蔵(GMA X3100)
光ドライブ スーパーマルチドライブ
本体サイズ 幅445×奥行き213×高さ390mm
重量 11.9kg
想定実売価格 14万円前後

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン