このページの本文へ

富士フイルム、1200万画素デジタルカメラ「FinePix F60fd」を発表

「シーンぴったりナビ」で簡単キレイ

2008年08月12日 16時49分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士フイルム(株)は12日、撮影シーンを自動認識する1200万画素デジタルカメラ「FinePix F60fd」を8月23日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は3万7000円前後。

FinePix F60fd」は最高感度ISO6400を実現する1.6分の1インチ有効1200万画素CCD(スーパーCCDハニカムVII HR)を搭載。CCDシフト方式の手ブレ補正機能を備えており、レンズは35〜105mm相当の光学3倍ズームだ。新開発の「シーンぴったりナビ」により被写体にカメラを向けるだけで人物/風景/夜景/マクロの4種類から状況を自動認識。最大10人かつ横顔でも検出可能な「顔キレイナビ」との「Wナビ」が最大の特徴だ。

FinePix F60fd
カラーバリエーションはシルバー/ブラックの2色。背面液晶は3.0型約23万画素のタイプだ

記録メディアは、約25MBの内蔵メモリーに加えて、xDピクチャーカードとSD/SDHCメモリーカードのダブルスロットを搭載。本体サイズは幅98.5×奥行き22.9×高さ59.2mm、重さは約163g(バッテリー/メモリーカードを除く)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中