このページの本文へ

クリプトン・フューチャー・メディア、ソフトウェア音源「CONVOLUTION SPACE」を発売

個性的な音を演出できるソフトウェアシンセ

2008年08月12日 21時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリプトン・フューチャー・メディア(株)は8日、ソフトウェア音源「CONVOLUTION SPACE」を発売した。価格はオープンプライスで、実勢価格は3万6000円前後。

CONVOLUTION SPACE」は、独ベストサービス社が開発したソフトウェアシンセサイザー音源集。音源を選び、ソフトウェアキーボードを弾きながら「モジュレーションホイール」を操作するだけでオリジナルの音楽を制作できる。「Abstract」「Emotional」「Fantasy」「Mental」「Scary」「SciFi」「Underground」——といった音源を収録している。音源は625種類を収録し、一部のデータは5.1chサラウンドの出力に対応する。外部機器との接続もサポートしており、各アウトプットのチャンネルのフェーダーには4つのエフェクトを割り当てられる。


CONVOLUTION SPACE
音源は、製品に付属するプレーヤーソフト「KONTAKT2」で利用する。インターフェースはシンプルで直感的な操作が可能

対応システムはMac OS X 10.4以上(Leopard対応)/Windows XP以上(Vista対応)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中