このページの本文へ

フラッシュバック、米デジエフェクツ社の映像プラグイン「Simulate Illuma」を発売

光の効果に特化したライティングプラグイン集

2008年08月11日 17時23分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは8日、米デジエフェクツ社の映像プラグイン「Simulate Illuma(シミュレート イルマ)」を発売した。価格は1万3650円。

Simulate Illuma」 は、光の輪郭や放射ブラーなど、光やグローに特化したライティングプラグイン集だ。収録エフェクトは、やわらかな光の輪郭を生成する「Halo」、レンズを通して光源を見るような燐光をシミュレートする「Lightracer」、素材のRGBチャンネルの輝度をコントロールし、放射とブラーを生成する「Photogust」、流れるような輝きなどを作成する「Luminus」、カラーチャンネルの階調範囲と明暗度を独立して調整できる「Radiance」──の5つ。

Simulate Illuma 「Randomizer」機能を使えば、1クリックで複数の設定をランダムに調整し、オリジナルの効果を半自動で作成することが可能。なお、インターフェースおよびマニュアルは英語版のみ

対応ソフトは、After Effects 7.0/CS3、Autodesk Combustion 4、Final Cut Pro 5.1/6.0、Premiere Pro CS3。対応システムはMac OS X 10.4以上、またはWindows XP Professional SP2/Vista。対応機種はPower Mac G4/G5、Intelプロセッサーを搭載したMac、またはIntel Pentium 4/AMD Athlon XPを搭載したPC。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中