このページの本文へ

サイバーショット DSC-T700、DSC-T77

光学手ぶれ補正でも薄い、新サイバーショット DSC-T700

2008年08月07日 20時40分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影時のホールド感や操作に、やや難あり

 実際に評価機を手にしてみると、やはりその薄さには驚かされる。T700は、液晶サイズや操作部のサイズはT300と変わらないのだが、厚みのなさゆえに、液晶フォトビューワーかなにかを持っている気分になるほどだ。

 ただし、フラット感を強調したレンズカバーと前面はすっきりしているものの、カバーを下にスライドさせる際に指をかけにくい。T300やT200にはあった、レンズカバー右端(正面から見ると左端)のカメラをホールドする際の指がかりもなくなった。

T700の上面 T700の上面。レンズカバーは面一の1枚板状。指がかりは特にない
T300の上面写真。右端に指がかりがある 旧機種であるT300の上面。レンズカバーの右端に、サイバーショットロゴの入った厚みのあるパーツがあり、ここが指がかりとして機能していた

 またT300やT200では、本体右端にストラップ取りつけ金具があり、カメラを持ったときに親指をあてがう部分として機能していた。それがT700では小さな突起だけになり、グリップとしての機能はなくなった。これはかなり残念だ。

T700の側面 T700の側面。シルバーの前部とブラックの後部のツートーンデザインとなっている。後部は背面の液晶に向かって斜めにカットされ、薄い印象を高めている。指がかりになるものが少なく、しっかりホールドしにくいのは否めない

 T700よりもひとまわり小さいT77となると、その薄さはデジタルカメラとしては新鮮な印象を感じるほどだ。T700と同様に、前面には指がかりがない。ホールド感という点ではいささか心もとないが、右側面には大きめのストラップ取り付け金具を備えることで、T700よりは若干持ちやすい。その代わりではないが、本体右肩部分に比較的大きなズームレバーがあるT700に比べて、T77は本体上面に小さなズームレバーがあるだけなので、こちらはやや使いづらい。

T77の上面 T77の側面
T77の上面。ズームレバーは非常に小さく、やや使いづらい。レンズカバー部分は丸みを帯びた両側面に回り込み、薄くても強度が保つ工夫がなされている背面に向かって傾斜することで薄さを強調する面構成なのはT700と同様だ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン