このページの本文へ

ド迫力! 地デジ全チャンネル録画機を(一部)自作した

2008年07月31日 15時59分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ライブラリーの絞り込み機能が素晴らしい


 録画予約は電子番組表(EPG)から番組を選んで手動で行なうこともできるが、複数チャンネルの同時録画を実現するなら「おまかせ録画」機能を使うのが早い。

 チューナーの数だけ「放送局」を録画条件に加えて「いますぐ録画予約」ボタンを押せば、以降の時間帯の全番組の録画予約が行なわれる。

「おまかせ録画」の画面

「おまかせ録画」の画面

6局の全番組が録画予約される

6局の全番組が録画予約される

 録画済みの番組は番組表から選択できるほか、「ライブラリー」の画面で一覧表示できる。表示する番組の絞り込みも、画面左側のツリーから絞り込み条件を選択するだけで即座に行なえるのは素晴らしい。

「ライブラリー」の画面

「ライブラリー」の画面。左のツリーリストをワンクリックするだけで条件による絞り込みができる

 絞り込み条件は「未視聴」「番組ジャンル」(13種類)「曜日」「放送局名」「時間帯」と多岐に渡り、キーワード検索も可能だ。



設定にあたって気を付けたいこと


全チューナーが録画状態の場合は放送中の番組の視聴はできない

全チューナーが録画状態の場合は放送中の番組の視聴はできない

 設定でいくつか注意したい点がある。まず、何も考えずに全チューナーをフルタイムで録画実行状態にすると、放送中のテレビ番組の視聴と番組情報の取得ができない。

 番組情報は1日に最大3回放送波から取得できる。取得する時間帯は自由に設定できるが、その時間帯にチューナーが録画状態だと番組情報取得がキャンセルされる。

 最低1台のチューナーは意図的に1時間程度、録画予約を行なわない時間帯を設定しておき、その時間帯に番組情報を取得するように設定しておく必要がある。

番組情報取得時間の設定

番組情報取得時間の設定

 今回のドライバーから「ダビング10」に対応しており、DVDメディアへの9回コピー+1回ムーブが可能となった。ただ、録画中はダビング操作が行なえないため、全チューナーの録画を停止する必要がある。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン