このページの本文へ

SaveCircle

2008年08月25日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
長時間かけて書き上げた書類の保存前にソフトが異常終了。途中で保存しなかったので、ほぼ最初から書き直しです。
A
起動しておくだけで作成中のファイルを定期保存するソフトなら、アクシデント時も被害を最小限に食い止められます。
今回紹介するオンラインウェア
SaveCircle SaveCircle
開発元/MacXtosh
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://macxtosh.free.fr/en/

ファイル作成中も定期的に自動保存!

 Macに限らずパソコンを長く使用しているなら、ソフトがクラッシュして作成中のファイルを失ってしまった経験がある人も多いだろう。重要なファイルは作業中にこまめに保存する習慣をつけるのがいちばんだが、保存し損ねる可能性は否定できない。

 「SaveCircle」は、アクティブになっているソフトで作成中のファイルを一度保存しておくだけで、あとは一定時間ごとに自動的に保存してくれるという便利なソフトだ。

SaveCircle
まだ保存していない書類の場合には、初回にセーブダイアログが表示されるので必ず保存しておこう。「SaveCircle」メニューで指定したソフトがアクティブになっている場合にのみ、その書類を定期的に保存するように設定もできる

 使い方も簡単で、専用ウィンドウで保存を行う時間の間隔を設定したら、ウィンドウ下部にあるスイッチを「On」にして起動しておくだけでいい。設定次第で、特定のアプリケーションだけを対象に定期的な保存を行うことも可能だ。ファイルを保存する時間になると、サウンドなどで知らせてくれる機能もある。

SaveCircle
定期的な「保存」以外にも、環境設定で一定時間ごとにセーブダイアログを表示して「別名で保存」を促すようにもできる。「SaveCircle」のウィンドウが邪魔になる場合には、「Interface」タブで時計のみの表示にしてもいい

 ほかのソフトがアクティブになると自動的に隠れてくれるので、常時起動していても邪魔にならない。

(MacPeople 2008年8月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中