このページの本文へ

SimpleToDo

2008年08月18日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
iCalやMailにはTo Do機能がありますが、やるべきことを思いついた瞬間に、さっと書き込めるソフトがほしい!
A
ほかのソフトで作業しているときは隠れるTo Doソフトを常時起動してみては? キーボードだけで管理できます。
今回紹介するオンラインウェア
SimpleToDo SimpleToDo
開発元/Julius Eckert
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.julius-eckert.com/project/view/1/5

素早く書き込めるTo Doソフト

 ふと思いついたTo Doを書き留めるためだけにiCalやMailを起動するのは、面倒に感じることがあるかもしれない。そんなときは、「SimpleToDo」を使うといいだろう。

 ほかのソフトがアクティブになると自動的に隠れてくれるので、常時起動していても邪魔にならない。

 やるべきことを思いついたら「command」+「tab」キーなどで、本ソフトに切り替えてすぐにTo Doを書き込むことができる。新規To Doの作成からTo Doの完了まで、マウスを使うことなくすべての操作をキーボードだけで行える。そのため、テキスト編集中などは、マウスに持ち替える必要がないので重宝するはず。

SimpleToDo
「command」+「N」キーで新規To Doを、「command」+「option」+「N」キーでラベルを作成するウィンドウが表示される。「command」キーを押しながら上下の矢印キーを使うと、選択中の項目を移動してTo Doをラベルで分類できる

 Leopardの新機能、Core Animationを利用したギミックも楽しめるソフトだ。

SimpleToDo
完了したTo Doを選択してスペースキーを押すと、緑色になってリスト下部に移動する。ラベルを選択してスペースキーを押すと、表示/非表示を切り替えられる。「return」キーを押すと、選択中の項目の編集も可能だ

 環境設定で「Keep List Visible」にチェックを入れると、フローティングウィンドウになり、常にTo Doを表示しておくこともできる。

(MacPeople 2008年8月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中