このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

100GBもアリ!Web上の超便利ストレージ リコー「quanp」

2008年07月15日 04時07分更新

文● 吉川大郎/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デジタル機器で有名なリコーが今春大々的にWebサービスの事業を開始した。インターネット上のファイルストレージ「quanp」(クオンプ)がそれだ。

quanp画面
リコーのWebストレージ「quanp」

 メールに添付できない/できても相手に迷惑がかかってしまうほどの大きなファイルをインターネット上でやりとりするために、近年Webを使ったファイルストレージが急速に普及を遂げた。だから、今さら同じようなファイルストレージの登場では、インパクトが薄い。そこでリコーは、quanpにいくつかの大きな特徴を持たせた。主な ものは、「容量(と価格)」、「共有のしやすさ」、「ファイルの扱いやすさ」の3つだ。quanpはもしかしたら、Web上に賢いHDDを一つ置くような、そんなコンセプトで作られたサービスと、言えるのかもしれない。

一昔前のHDD1個分。100GBのWebストレージ

 quanpの容量は最大で100GBが利用可能だ。一昔前のHDDなら、一個分まるごとWebにあるようなものだ。しかも価格は980円(1カ月)。そのほか、300円の10GBコースと、無料の1GBコースがある(下表)が、これらは単に容量の違いに留まらない。

メニュー名 Quantum Standard Trial
月額料金(消費税込み) 980円 300円 無料
最大利用容量 100GB 10GB 1GB
シェアプレイス 開設/参加可能 開設/参加可能 参加のみ可能
テレフォンサポート あり なし なし

 上記表で注目したいのが、「シェアプレイス」と「テレフォンサポート」である。シェアプレイスはその名の通り共有スペース。Trial以外の有料ユーザーは、他人と共有するための場所を用意できるのである。無料のTrialユーザーもシェアプレイスに参加できるため、quanpの要件を満たしたPCを持っているユーザーであれば、たとえば会社の部署全員+取引先といった形でのファイル共有が可能だ。シェアプレイスには、quanpのIDを登録するかメールアドレスで招待できるため、特定の人間とのみ、ファイル共有ができるのである。

 また、テレフォンサポートも特徴のひとつだ。quanpのターゲットは、PCを使い慣れた人だけではない。むしろ、これから紹介するquanpのビジュアルな使い勝手を見ていけば「PCを持っている人であれば誰でも使えるように」という設計思想が見えてくる。だから、PCに慣れない人へのサポート窓口も用意されているというわけだ。

 こうした初心者への配慮といった面は、ASCII.jp読者のようなPCを使いこなすユーザーにも、PCに詳しくない知人とのファイル共有が簡単に可能になるといったメリットをもたらす。もちろん既存のファイル送付サービスでも、ファイルを相手に渡すことはできた。しかし、quanpの場合はシェアプレイス上で“共同作業が可能になる”点が大いに違う。

次ページ「ファイル名の意味を薄くする、ビジュアルなファイル操作」に続く

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン