このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

理想(?)のオトナが選ぶ週末ハイエンドモデル

デカさこそ正義!究極のAVノートはコレだ!!

2008年08月13日 15時00分更新

文● 財布の中身がキッズな盛田/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アナタにオススメのキャデラックノートはコレ!


 最後に、今発売されているオススメのキャデラックノートを取り上げよう。これまでのページを読んできたアナタなら、それぞれのスペックやレビューを読めばすぐどんな目的に合っているのか分かるはず。これでぜひとも自分がなりたい「オトナ」を目指してほしい。


ソニー「VAIO type FW」

ソニー「VAIO type FW」。価格は18~24万円前後

 ソニーのハイエンドAVノートパソコン「VAIO type F」シリーズ新製品。1600×900ドットの液晶パネルを採用した、16.4インチワイドというちょっと珍しい画面サイズのモデルだ。アスペクト比16:9での映像表示が可能なため、地デジ放送も上下の黒帯(レターボックス)ナシで視聴できる。

 ディスプレー部は17インチ並の大画面ながら、本体は15インチワイド並の省サイズと言うのもうれしいポイント。前述の視聴ソフト「GigaPocket Digital」などを搭載し、BDレコーダーに比肩するほどのAV性能を誇る。オプションでBDドライブを搭載することも可能だ。詳しくは下記のレビューを参照のこと。


VAIO type FWを「オトナポイント」でチェック!
BD映画を見たい Centrino 2モデル/BDドライブ/16:9ワイド液晶(1600×900ドット)
3Dゲームをしたい Mobility Radeon HD 3470選択可/メモリー最大4GB
地デジを録りたい 視聴ソフト「Giga Pocket Digital 」/地デジWチューナー/400GB HDD
ビデオを編集したい 編集ソフト「VAIO Movie Story 」

東芝「Qosmio G50/95GW」

東芝「Qosmio G50/95GW」。最小構成価格は26万7800円

 東芝のハイエンドAVノートPC、Qosmioシリーズ新製品。ディスプレーは1920×1080ドット(1080p対応)で、アスペクト比16:9の18.4型ワイド大画面液晶パネルを採用。また、CPUやGPUに次ぐ新たなプロセッサー「SpursEngine(スパーズエンジン)」を搭載することで、再生/変換の両面で映像処理能力をアップさせている。

 また、ウェブカメラで手の状態を検出して、AV視聴中の再生や停止などの指示が送れる「ハンドジェスチャリモコン」などのユニークな機能もポイントだ。BDドライブは選択できないが、DVDビデオの作成や視聴を頻繁に行うなら、現在最強の一台といえるだろう。詳しくは下記のレビューを参照のこと。


Qosmio G50を「オトナポイント」でチェック!
BD映画を見たい Centrino 2モデル/高解像度ワイド液晶(1920×1080ドット) ※要外付けBDドライブ
3Dゲームをしたい GeForce 9600M GT選択可/メモリー最大2GB
地デジを録りたい 視聴ソフト「Qosmio AV Center」/地デジWチューナー/200GB HDD
ビデオを編集したい 高画質化エンジン/編集ソフト「DVD MovieWriter for TOSHIBA」

DELL「XPS M1730」

DELL「XPS M1730」。最小構成価格は26万2500円

 DELLのハイエンドパソコンブランド「XPS」の新製品。ディスプレーは17インチワイド(1920×1200ドット)の大画面液晶パネルを採用。CPUには最上位でCore 2 Extreme X7900(2.80GHz)を搭載可能。グラフィックチップ(GPU)にはNVIDIA社のノート用GPU最上位モデル、GeForce 8700M GTを2基内蔵したSLI構成を標準搭載している。

 またゲームのパフォーマンスを向上させる機能として、米AGEIA Technologies社が開発した物理演算プロセッサー「PhysX 物理演算プロセッサーカード」(関連記事)が内蔵可能だ。まさにゲームのために生まれたと言ってもいい、正真正銘の怪物モデルである。詳しくは下記の記事を参照のこと。


XPS M1730を「オトナポイント」でチェック!
BD映画を見たい BDドライブ/高解像度ワイド液晶(1920×1200ドット)
3Dゲームをしたい Core 2 Extreme X7900選択可/GeForce 9600M GT選択可/メモリー最大4GB/PhysX内蔵可
地デジを録りたい 500GB HDD選択可 ※要外付け地デジチューナー
ビデオを編集したい Core 2 Extreme X7900選択可/GeForce 9600M GT選択可

エプソンダイレクト「Endeavor NJ5200Pro」

エプソンダイレクト「Endeavor NJ5200Pro」。最小構成価格は15万9600円

 エプソンダイレクトのノートパソコン「Endeavor」シリーズの頂点に立つハイエンドモデル。15.4インチワイド液晶ディスプレー(1920×1200ドット)が選択できる。CPUは最上位でCentrino 2プラットフォーム採用のCore 2 Duo T9600(2.80GHz)を、GPUにはNVIDIAのGeForce 8800M GTXを選択できる。

 パームレスト部には「パピレスコーティング」という特殊なコーティングを施し、汚れが付着しづらくなっている。メモリーはDDR3メモリー(1066MHz)を最大4GBまで搭載可能だ。インターフェースにeSATA/USB共有端子を備える。なお、こちらもQosmio G50同様にBDドライブは選択できない。


Endeavor NJ5200Proを「オトナポイント」でチェック!
BD映画を見たい Centrino 2モデル/高解像度ワイド液晶(1920×1200ドット) ※要外付けBDドライブ
3Dゲームをしたい GeForce 9600M GS選択可/DDR3メモリー最大4GB
地デジを録りたい 320GB HDD ※要外付け地デジチューナー
ビデオを編集したい GeForce 9600M GS選択可

ユニットコム「Faith Progress UG Q66000SLI/DVR」

ユニットコム「Faith Progress UG Q66000SLI/DVR」。販売価格は59万8000円

 BTOパソコンの老舗、ユニットコムのウルトラハイエンドAVノートパソコン。液晶ディスプレーは17.1インチワイドパネル(1920×1200ドット)を採用。CPUにはクアッドコアCPU、Core 2 Quad Q6600(2.40GHz)、GPUにはNVIDIAのGeForce 8800M GTXをSLI構成で搭載可能だ。

 また毎秒7200回転の320GB HDDに加え、SSD 64GBを2枚内蔵。メモリーはDDR2-667 4GB。光学ドライブはDVDスーパーマルチ。絶対に高度な環境で3Dゲームをやりたいというユーザーのための最終兵器と言っていいだろう。


■関連サイト

Faith Progress UG Q66000SLI/DVRを「オトナポイント」でチェック!
BD映画を見たい 高解像度ワイド液晶(1900×1200ドット) ※要外付けBDドライブ
3Dゲームをしたい Core 2 Quad Q6600選択可/GeForce 8800M GTX(SLI)選択可/メモリー最大4GB
地デジを録りたい 320GB HDD ※要外付け地デジチューナー
ビデオを編集したい Core 2 Quad Q6600選択可/GeForce 8800M GTX(SLI)選択可

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン