このページの本文へ

理想(?)のオトナが選ぶ週末ハイエンドモデル

デカさこそ正義!究極のAVノートはコレだ!!

2008年08月13日 15時00分更新

文● 財布の中身がキッズな盛田/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

地デジで好きなアイドルだけ録りたい!CMなんか見たくない!


HD画質対応って書いてあるキャデラックノートで何ができるんですか?

 地デジの何がいいって、番組に付いてくるデータがいいのだ。スポンサーや出演者がチェックできるから、好きなアイドルや俳優が出ている番組がらくらく見つかる。1人のアイドルの出演番組を完全網羅し、1TBの外付けHDDを彼女のためだけに使いたいというオトナな欲望を抱いたら、連動データに頼るのが早道だ。

 さて、その前にまずは「High Definition画質」(以下HD画質)と呼ばれる映像の基準について。これはデジタル放送を観るテレビ(もしくはディスプレーなど)の最大有効画素数(ドット)がたくさんあるという意味だ。1080pなら、1画面でタテ1080ドットありますよということ。

SD画質とHD画質による表示画素数の違い。アスペクト比の4:3や16:9というのはここに関わってくる。16:9の映像を16:10のディスプレーで見ようとすると上下に黒幕(レターボックス)があらわれてしまう

 カンタンに言ってしまえばキャデラックノートのディスプレー解像度欄に「1080p対応」などと書いてあれば、ハイビジョンの高精細な映像でデジタル番組なんかが見られるというワケ。

 プログレッシブとインターレスの違いについては「薄型テレビ、10の疑問と5つの地雷」を参照のこと。なお、下記に映像入出力端子「D端子」および「HDMI端子」がそれぞれ対応している画素数についてまとめておいたので参考にしてほしい。

画素数対応表
端子名称 対応表示画素数
D1 480i
D2 480i/p
D3 480i/p、1080i
D4 480i/p、1080i、720p
D5 480i/p、1080i/p、720p
HDMI1.3 480i/p、1080i/p、720p

 そこでさっきの話に戻ると、地デジチューナーを内蔵し、再生/録画ソフトをプリインストールしているキャデラックノートでは、ただテレビで見るのとは違う楽しみ方ができる。ソニーのVAIO type FWにプリインストールされている視聴ソフト「GigaPocket Digital」の機能を元に紹介しよう。詳しくは「広大な空間で地デジを楽しむVAIO type FW」もご参照のこと。

 まずはじめは、冒頭で言ったような自動録画機能を持つ「おまかせ・まる録」だ。アイドルの名前などキーワードを登録しておくことで、番組を自動抽出して録画しておいてくれるという便利機能。これなら愛娘のビデオを撮り続けるパパよろしく、大好きなアイドルを録り逃がしなくコンプリートできるだろう。

 つづいては「ダイジェスト再生」。これは録画した番組の音声の盛り上がりを検出し、DVDの映画みたいに自動でチャプター分けしておいてくれるもの。残念ながらCMをカットすることは出来ないが、リモコン操作1つでポンと飛ばすことができる。

 さらにアツイのはインターネットから番組の関連データを取得できる「カタログビュー」。対応する番組で紹介されたレストランなんかを、地図情報ごと探してこられる。そのままケータイに転送すれば、憧れの俳優が訪れていた店にもカンタンに行けてしまうのだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン