このページの本文へ

Sapphire「RADEON HD3650 512MB DDR2 PCI-E DVI+HDMI LP W/VGA BOX」

Low-Profile仕様の「Radeon HD 3650」! 小型PCにピッタリ!

2008年07月12日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Radeon HD 4850/4870」搭載カードに沸く秋葉原だが、Sapphireから「Radeon HD 3650」を採用したビデオカードの新モデル「RADEON HD3650 512MB DDR2 PCI-E DVI+HDMI LP W/VGA BOX」が登場している。

「RADEON HD3650 512MB DDR2 PCI-E DVI+HDMI LP W/VGA BOX」 基板
Sapphireから「Radeon HD 3650」を採用したビデオカードの新モデル「RADEON HD3650 512MB DDR2 PCI-E DVI+HDMI LP W/VGA BOX」が登場。Low-Profile対応となるのが特徴だ
ブラケット
DVI-I/HDMIと別途D-SubとなるLow-Profileブラケットを装備している

 実に様々なバリエーションの製品が発売されている「Radeon HD 3650」搭載のビデオカード。今回、改めてここでピックアップした理由は、意外に珍しいLow-Profile対応モデルだからだ。もちろん初のLow-Profileモデルというわけではなく、玄人志向から「RH3650-LE512H」という製品が発売済み。とはいえ珍しい存在であるのは確かで、安価なのもうれしいところだ。
 カードは小型冷却ファンを搭載したもので、あらかじめDVI-I/HDMIと別途D-SUBとなるLow-Profileブラケットを装備。通常のATXサイズで使用する場合は、付属のATXブラケットに付け替えて使用することになる。なおD-Subは取り外し可能。
 その他、コア/メモリクロックは725MHz/1000MHz、搭載メモリはDDR2 512MB。DVI-I+HDMIの同時出力は可能だが、HDMI+D-Subの同時出力は不可。付属品としてDVI→D-Sub変換コネクタやATXブラケット、さらにはHDMIケーブル(オス-オス)なども同梱。価格はアークで9380円となっている。

付属品 ポップ
付属品にはDVI→D-SUB変換コネクタやATXブラケット、さらにはHDMIケーブル(オス-オス)も同梱。小型PC向けのカードとしては丁度よさそうだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中