このページの本文へ

iPhone 3G 最速レビュー(その2)

本邦初公開! これがiPhone 3Gだ(中編)

2008年07月10日 17時00分更新

文● 宮本朱美

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マップ/GPS


GPS+基地局で、正確な位置を特定

 iPhone 3Gの新要素のひとつが、GPSの搭載だ。初代iPhoneでも、携帯電話の基地局と公衆無線LAN基地の位置から現在地を特定する機能を備えていたが、これにGPSが加わってより正確な場所を知ることができる。

 iPhoneの採用するGPSの仕組み「A-GPS」は、携帯電話の基地局情報をもとに、最寄りのGPS衛星をキャッチするというもの。そのため、GPS衛星だけを利用する場合よりも、高速に位置情報を取得できるのが特徴だ。

マップ画面

マップ画面。中央にある立体的な青い球が、現在地を示している。ユーザーが移動すると、青い球も地図上を動く

 iPhoneのホーム画面で「マップ」にタッチすると、Googleマップが起動する。iPhoneのインターフェースに最適化しており、指でスクロールしたり拡大/縮小することが可能だ。地図の1ヵ所を2度タッチすると、その部分を中心に拡大される。

 「マップ」を起動すると、まず青い円でおおまかな現在地を表示し、だんだん位置を絞り込むにつれて、円が小さくなっていく。GPS衛星をキャッチすると、現在地を示す印が立体的な青い小球に変わり、ユーザーが移動するにつれて青い球も地図上を移動する。ただし、移動した経路を記録する機能はないようだ。GPSの精度はかなりのもので、入り組んだ住宅街の路地1本の違いも識別した。ただし、iPhoneのGPSは、緯度、経度情報は取得してくれるが、高度は無視するようだ。


アドレス帳から地図を表示

 他のアプリとの連携が優れているのも特徴だ。例えばiPhoneの「連絡先」で、住所欄をタッチすると、該当する場所を地図上にさっと表示できる。行きたい店や観光スポットを連絡先にあらかじめ登録しておけば、初めて行く場所でも迷わずにたどり着けるだろう。

住所欄をタッチ

「連絡先」で住所欄をタッチすると……

地図上に赤丸で表示

マップが自動的に開き、その場所を地図上に赤丸で表示してくれる


お店情報を検索できる!

 マップで店や住所を検索すると、該当する位置を示す赤いピンが地図上に降ってくる。地図を指でタッチしてスクロールすると、表示中の範囲に合わせて検索結果が自動的に更新されるのも気が利いている。日本国内だけでなく、外国の住所も検索できるので、海外旅行のときにも重宝しそうだ(海外ローミングの通信料金が高くつきそうで怖いが……)。

マップで店を検索

マップで店を検索。通話中も検索できて便利だ

 検索結果の赤いピンをタッチすると、その施設の詳細情報が現れる。さらに電話番号をタッチすれば、すぐに電話をかけることも可能だ。この画面で「連絡先に追加」を選ぶと、店の電話番号、住所、URLといった情報を、連絡先に簡単に加えられる。

施設の詳細情報

赤丸をタッチすると、その施設の詳細情報を表示。電話番号をクリックすれば電話をかけられる

ウェブページ

URLをクリックすればSafariが起動してお店のウェブページを開く。メニューや割り引きクーポンの有無までチェックできる!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン