このページの本文へ

iPhone 3G 最速レビュー(その1)

本邦初公開! これがiPhone 3Gだ(前編)

2008年07月10日 00時01分更新

文● 宮本朱美

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「よく使う項目」でワンタッチ発信も

連絡先の検索機能

連絡先の検索機能が付き、電話をかける相手を見付けやすくなった。日本語のインデックスも付き、使い勝手は格段によくなっている

 電話番号を登録済みの相手に電話をかける場合は、「連絡先」をタッチし、表示される情報から電話番号をタッチ。画面右に日本語のインデックスが付き、格段に探しやすくなった。検索機能も加わり、大量の連絡先から目的の相手をさっと探し出せる。頻繁に電話する相手は、左下にある「よく使う項目」に追加しておくと、ワンタッチで発信できる。


留守録は別途「ビジュアルボイスメッセージ」が必要

発着信の記録を見るには、「履歴」をタッチ。不在着信は赤字で表示される(左)。青い矢印をタッチすると、詳細を見られる(右)。保存できる履歴の数は十分に多く、使ってみた限りでは特に制限がないようだった。右上の「消去」ボタンをタッチすると、履歴がまとめて消せる。履歴を個別に消すことはできない

ビジュアルボイスメッセージ

iPhoneのビジュアルボイスメッセージ(留守番電話機能)。タッチするとメッセージを再生できる。留守録件数を右下のアイコン上に赤丸数字で表示

 iPhone本体には通話を録音する機能はない。iPhoneのビジュアルボイスメッセージ(留守番電話機能)を使うには、オプションで留守番電話サービス(有料)に申し込む必要がある。相手のメッセージがサーバーから音声ファイルとしてiPhoneに送られてくるので、好きな順番で再生できる。なお、サービスセンターに電話してメッセージを聞く従来の留守電サービスは無料で利用できる。

サービスセンターに電話してメッセージを聞く

サービスセンターに電話してメッセージを聞く、従来の留守番電話サービスは無料。留守番センターにメッセージがあると、SMSで通知が届く。「1414」にかけると内容を聞ける


長電話で「つるつるプラスチック」が……

厚みの比較。左からiPod touch、iPhone 3G、初代iPhone

厚みの比較。左からiPod touch、iPhone 3G、初代iPhone

 初代iPhoneは背面が真っ平らで金属製だったが、iPhone 3Gは背面素材がつるっとしたプラスチックに変わり、カーブを帯びたデザインでとても持ちやすい。ところが、このフィット感が災いしてか、1時間ほど長電話したところ、iPhoneの熱で手のひらに汗をかいて水滴がついた。季節のせいもあるだろうが、iPhoneはストラップを付ける穴がないので、つるっと落とさないように気をつけよう……

持ちやすい

iPhone 3Gは、背面が丸みを帯びたデザインで、初代iPhoneより持ちやすい

電話関連のサウンドを設定する画面。着信音はカスタマイズできるが、iTunesに登録された楽曲は使用できない


【通話機能のまとめ】

○  音質は初代iPhoneよりクリアー
○  着信時に相手の顔写真が画面いっぱいに表示されるのはインパクト大
○  通話中でもウェブやマップを検索できる
○ 付属のヘッドホンはマイクとリモコン内蔵なので、曲再生中に着信してもさっと電話に切り替えられる

×  スリープ時に着信すると、画面をスライドしないと通話が始まらないのでちょっと面倒
×  手にフィットする形状のため、長時間通話して本体が熱くなると、手に汗をかきやすい


(次はiPhone 3Gの搭載する、新日本語入力について)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン