このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ニコニコ大会議2008に行ってきた(中編)

生でゴム! 「おっくせんまん」のアノ人が来た

2008年07月05日 09時56分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「MADは日本の秀でた新しい文化」


著作権侵害への対応状況

著作権侵害への対応状況

 小林氏の発言で注目されたのが、ドワンゴが2日に発表した「MAD動画を含めて著作権侵害動画を削除する」というお知らせに対して、どう答えるかというところ(プレスリリースのPDF)。

 小林氏はこの対応を「現時点での妥協点」と解説する一方で、「ドワンゴが考えるMAD動画というのは、決して権利者にマイナスになるものではなく、大いにプラスになるもの」と発言。するとどこかから「そうだー」という声が上がり、会場全体が拍手に包まれた。

 その声援を受けて「MADは日本の秀でた新しい文化である」と宣言。

 「われわれは、権利者の方々にこのMAD文化を認めていただいて、そこに公認として素材を提供してもらうように交渉していますが、単体でやっていくのは厳しい。だからユーザーの皆様、日本国民の皆様の声が必要なんです。その声をバックアップに働かせてください」と、会場とネットのユーザーに訴えた。

 ただ、小林氏の盛り上がったプレゼンも、このあとに登場した「大物」によって喰われてしまった。



これが溢れ出す「ゴム」の風格だ!!


CDで聞いてみて。~ニコニコ動画せれくちょん~

「CDで聞いてみて。~ニコニコ動画せれくちょん~」

 9日には、ニコニコ動画発の人気曲を集めたコンピレーションアルバム「CDで聞いてみて。~ニコニコ動画せれくちょん~」が発売される。このアルバムに含まれる「思い出はおっくせんまん」という歌は、ゲーム「ロックマン2」のBGMに勝手に歌詞を付けたものだったが、このたびカプコンから公認されて、カラオケにも配信されるようになったという。

 ステージにはスペシャルゲストとして、この曲を歌うゴム氏が登場。ゴム氏といえば、過去に発売したCDのプロデューサーから「名実ともに歌い手のスター的存在」とベタ褒めされる「トップ」ニコニコアーティストだ(関連記事)。

 そのせいか、彼がステージに姿を現すと、「ゴムーー!!」「キャーー!!!」「アニキーー!!」「ホワ、ホワオゥーー(!?)」と、男女問わず異常な声援が飛び交っていた。彼の風格を見せつけた形だ。

彼の呼びかけに2階、3階のバルコニー席も声援で応える!


※後編はこちら


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン